CATEGORY 被害

被害

ネットワークビジネスの被害なぜ起こる!?4つの理由

友達100人勧誘しても、ダウンが一人もできなかった人必見! 昔ほどネットワークビジネスの被害者は多くないとはいえ、今でもたまに耳にしますね。 「だまされた!」 「無理やり買わされた!」 「強引な勧誘に遭った!」 「マルチ商法に引っかかった! 苦情や被害といった話が、ネット上(2チャンネル周辺?)にもよく出てきます。 なぜネットワークビジネスでは、 このような被害が起こってしまうのでしょうか・・・?   製品が高価だから? ネットワークビジネスで扱っている製品は、 値段が高価なものがほとんどです。 製品の質が明らかに粗悪なのに、それに見合わないほど高価である場合は、悪徳商法となる可能性があります. でも、これは大きな誤解で、ネットワークビジネスの会社が扱っている製品は、市販のものよりもずっと優れた、高品質なものがとても多いのです。 どの会社の製品も、自信を持って紹介、お勧めできるものばかりです。 そのため、お客様(紹介者)には、市販品を自分の判断で購入するのとは違い、この価格に見合うだけの製品であるという、丁寧な説明が必要になり、納得していただけたら購入してもらう、というのが本来です。 しかし勧誘する際、しっかり説明がされていなかったり、金額の了承をきっちり得ないまま、なんとかごまかして買ってもらおうとするから、誤解が生じます。 のちの支払いの時、驚くほどの大きい金額の請求があり、払うつもりではなかった金額を突然払うことになってしまい。 「ネットワークビジネスの会社の製品で被害に遭った!」 ということになってしまうのです。 高価なものであるからこそ、丁寧な説明が必須です。 金額をしっかり納得、了承を得た上で契約をしてもらうことが、苦情、不満をなくす上で大変重要です。   販売する人が、売り発想だから ネットワークビジネスの製品は優れたものばかりですが、製品の良さを伝えたい、という思いがなく、ただ、購入してもらうことだけを優先にしている販売者だと、問題が起きます。 販売者は「とにかく売れればそれでいい」と思っているわけですから、その後のアフターフォローをしません。 高価なものを購入してもらったら、使い方の確認、使ってみた具合、分からないことはないか、などの購入後のフォローはとても大切です。 売り発想の販売者がアフターフォローをしないことにより、製品を買っただけで、しまいこんで使わなくなってしまい、製品の良さを知らないまま、 「高いものを買わされて損した!」という不満だけが残ってしまうことになります。 販売者は、売り発想ではいけません。 会社の製品を良く知り、良く愛し、良さを伝え、この人に使ってもらいたい、そしていつまでも使い続けてもらいたい、という思いが、良いアフターフォローにつながります。 そうした購入後のアフターフォローがよければ、販売者の購入後の丁寧な対応に満足されたお客様は、また購入してくれるようになるかもしれません。 友達100人勧誘しても、ダウンが一人もできなかった人必見!   販売相手が、友人、知人だから ネットワークビジネスは、販売の相手が自分の知っている人、友人、知人、親戚、家族などです。 仲の良い友人や、職場の上司、先輩などからネットワークビジネスの製品を勧められた場合、立場上、断ることができないことがあります。 久しぶりに会った友人に、ランチに行こうと誘われ、話していたら、ネットワークビジネスの誘いが目的だった、ということが分かったり、 もっと強烈なのは、友人に、お茶しようと言われてついていったら、ネットワークビジネスのセミナー会場だった、なんて、 ショックを受けた経験はありませんか? 「だまされた!」 と思われる大きな要因になってしまいます。 ネットワークビジネスの誘いをするときは、前もって伝えましょう。 製品の紹介をしたい、セミナーに来てもらいたい、 それを伝えたうえで、会って話を聞いてもらうのがマナーです。 また、製品の体験をしてもらったあとに、契約しないと帰れないような雰囲気を作ってしまう販売者もいます。 寄ってたかって1人のお客様を囲うようにして、 「絶対いいものだから、買った方がいいよ!」 「どうせそのうち買うなら、今度じゃなくて今がいいよ!」 「まとめて○○万円分初めに買っておけば、あとで安く買えるよ!」 など、買わせようという言葉を浴びせ、断れない雰囲気を作り、契約させるって、あんまりだと思うのです。 確かに、最終的に購入の書類を自分の意志で書くのはお客様ですが、 「無理やり買わされた!」 という不満が出ることになってしまいます。…

被害

被害のないネットワークビジネスは存在するのか?

 被害のないネットワークビジネスは存在するのか? ネットワークビジネスに被害はつきものなのでしょうか? インターネットで検索しても、 被害者の会やら、被害を受けますとか、 あなたが加害者になりますよなど、 何を根拠に言っているのかなと思ってしまいますよね。 あたりまえですが、ネットワークビジネスはビジネスです。 被害を生んだり、被害に会うためのものではありません。 本来正しいやり方でビジネスを進めると被害なんてないのです。 あなたは車を運転されますか? 車に乗ると必ず被害を生みますか? 違いますよね? ルールを守らなかったり、無謀な運転をする為事故を起こすのです。 ネットワークビジネスもそれと同じです。 コンプライアンスを守り正しくビジネスに取り組みましょう。 ネットワークビジネスを正しい方法で 正しい情報を伝えましょう。 強引な勧誘や、ムリにローンを組ませたり、 在庫を強要したり、簡単に必ず儲かるよ なんて言い方をしては絶対にいけません。   ところで、 多くの成功者を誕生させているネットワークビジネスですが、 実際はうまくダウン組織を作れず諦めている人も多くいます。 友人や知人を勧誘していくうちに、 人脈が尽きて、もう伝える人がいない~! というようにお悩みの方いませんか? ネットワークビジネスに興味のある人を 自動で引き寄せれば、被害もなく、 寝ている間にダウンさんを獲得することが可能なんです。 実際私は、完全在宅で、友人や知人を 1人も勧誘することなくダウンさんを獲得することができております。   そんな秘密の集客法をこちらで公開いたします! ↓ ↓ ↓ 興味のある方だけ、クリックして下さいね。 【必見!】被害のない友人を勧誘しない集客法とは?

被害

情報商材買ったはいいが….クーリングオフってできるの?

最近は様々な情報商材のお陰で?普通の主婦でもインターネットで稼げる時代になりました。 しかし、まるっきりのネット初心者には、情報商材を買ったはいいが、自分には難しすぎてスタートすら出来ないなど、情報商材を使う前にいくつもの壁にぶつかり、結局無駄にしてしまった、と言うケースがあるそうです。 また成功出来ないのはその情報商材のせいにしてしまうなど、本当は優良情報商材なのに稼げないのは情報商材のせいにする、素人の情報商材通販での返金・返品問題が増えているそうです。 そこで簡単に情報商材のクーリングオフについてについて書いてみました。 情報商材通販は法律上はクーリングオフ対象外です 電子データーなどの情報商材は返金できても返品は無理なこともあり、実質はクーリングオフは不可能です。 しかし、返金OKなどを売りに商材を提供しているインフォプレナーさん(情報起業家)も居ますので見極めが肝心です。 誠実なインフォプレナーさんの場合「電子商法取引に基ずく表記」をセールスレター本文に記載しているはずですので、返品条件などの記載をよく確認してください。 しかし、余りにもセールスレターの内容と、かけ離れた情報商材であったり、無料レポートクラスの詐欺的情報商材が出回っているのも事実です。 それでも法律上はクーリングオフ不可といわれてしまえば、返金は難しいでしょう。その点をしっかり理解した上で情報商材は選びたいものです。 でも!どうしても「ネットで稼ぎたい」という方には、まずは無料レポートから参考に勉強されていく事をお勧めします。 無料といえども、優良レポートは沢山存在していますよ! ネットで稼ぐためのノウハウを詰め込んだ無料レポートはこちら

ネットワークビジネス成功法

ネットワークビジネスで離婚するは都市伝説!?

ネットワークビジネスをやって実際離婚した人というのは見たことがありません。 口コミをやっているとアンチネットワークビジネスの人から、 「ネットワークビジネスをやって離婚した人がおる」 という噂話を鵜呑みにして断る方っていませんか? なんだかネットワークビジネスに取り組むと離婚してしまうほど悪いものだと認識があるようですね。 私も口コミ時代はありましたね。 職場の友人にネットワークビジネスを伝えると、 「そこの会社に携わって離婚した人がおるから辞めとくわ」 と言われ、次の日その話が上司に伝わってたみたいで詳しく話しを聞かれたり… 友人は私が胡散臭いものを持ってきているのだと勘違いしていたようで、誤解は後から解けましたが、離婚したという話を聞いたのも他社のネットワークビジネスの話だったようです。 アンチネットワークビジネスの人ほどネットワークビジネスの離婚にこだわっている方が多いですね(笑) アンチネットワークビジネスに伝えば伝えるほど友人が離婚した、借金した、友達を全員失ったなど、大げさに言っているような感じがします。 実際私が口コミに取り組んでいた中で離婚したという人は友人間、グループ間でもいませんでしたね。 成功しているアップラインは夫婦仲があまりよくないらしく離婚や緑の紙などそういった話は聞いたことがありましたが… 離婚したという話はネットワークビジネスに関わっていたからではなくて、それ以前に夫婦仲が悪かったからそのタイミングと重なって離婚したというケースだと思うんですよね。 普通に自分のできる範囲でましては消費者ならネットワークビジネスの製品を使って離婚をするなんて常識的にも考えにくいですからね。 間違ったやり方を続けてもダウンは出来ません!

被害

ネットワークビジネス~成功できる!儲かる!は嘘なのか?

ハッキリと申し上げてネットワークビジネスで 成功する確率は0,05%以下だと言われています。   では、ネットワークビジネスは 「誰でも成功できる!」 「必ず儲かる!」という話しは 嘘だったのでしょうか。   まあ、中には嘘を言うつもりが無くても 勢いだけで言ってしまっている人もいたかもしれませんが。   しかし、本当に成功を手に入れた方々から 「誰でも成功できる!」 「必ず儲かる!」 などの話しを聞いたことはありません。   むしろ、多くの成功者の方は 「今のままのあなたでは成功できませんよ~!」 「成功したければ、あなた自身が変わってくださいね~!」 と、言われているのではないでしょうか。   成功の確率が低い原因は 「誰でも成功できる!」 「必ず儲かる!」 などという言葉を真に受けて 安易な気持ちで参加を決める人が 余りにも多いからでは?   よく考えてみてください。   そもそも、世の中に「誰でも出来ること」とか 「必ず」などということが存在すると思いますか?   要するに問題はネットワークビジネスその物に有るのではなくて 軽~い気持ちでビジネスをスタートさせて すぐに挫折してしまう、その人たちに有ると思うのですが。   そして、たいした努力をすることもなく 「あ~、だまされた!嘘だった!」 「ネットワークビジネスは儲からない!」と すべて人のせいにしているだけなのではないでしょうか!   これではネットワークビジネスに限らず 何をやっても何かを成し遂げることなど出来ないとおもいます。   あ!ちょっと言い過ぎですか?   ゴメンナサイね。   ところで、もしも、あなたがこれからネットワークビジネスを がんばってみよう!と考えられている人であれば 必ずやるべきことが二つあります。   その一つは時間に関してです。  …