CATEGORY ブラック企業

ブラック企業

ブラック企業に勤める社員は過重労働!なぜ辞められないのか?

ブラック企業からの脱出!一生続く不労所得を手にする方法とは?   従業員を過重労働をさせ、使い捨てにする「ブラック企業」が社会問題になっていますね。 そんなに辛いなら辞めてしまえば良いと思うが、そこには辞めるにやめられない問題があるといいます。 いま、そんな「ブラック企業」が増えているのです。 その理由には、家族がいるから、次の仕事が見つからないから・・などという答えが返ってくるそうです。   この時代、一度辞めたら次の仕事に就くのが難しいという理由は分かりますが、精神的、肉体的にダメージを受けながら働き続けるのはどうかと思うのです。 そこで働く従業員は、ギリギリのところまで追いつめられているというのです。 辞めないことで事態は悪化し、「新型うつ」などを発症し辞めさせられてしまうケースは多いようです。 これらの人達にみられるのは、真面目人間が多いということ。 なぜ、真面目な人がこのような目に合わなければいけないのでしょうか? 独身であればこのようなことから回避できるでしょうが、家族がいたならやはり考えてしまうのは当然かも知れないですね。 もっと自分を大事にして頂きたいと思いますね。 病気になってからではもっと大変になるのですから・・・。 家族に相談するとか、友人に相談するとか、一人で悩まないことが大事ではないでしょうか?   人件費削減は、どの企業でも考えていることですが、人が足りなければサービスにも限界があると私は思います。 人を採用してサービスに徹するのか、人を減らして過重労働をさせるのか、どちらが利益が上がるのでしょう。 悪循環なような気がするのは私だけでしょうか?   もし、過重労働で悩みを抱えている人がいるなら、もう一つの収入源を確保するというのはどうですか? 過重労働をさせられているのに、更に働くって無理でしょ!と思うかも知れませんが、でも休みはありますよね?毎日家には帰れますよね? 在宅ワークを選択すれば可能ではありませんか? 肉体労働ではなく、不労所得を得る方法があるのです。 限界まで行く前に、ちょっと調べてみるのも良いでしょう。 すぐに収入に繋がるわけではありませんが、長期的に見て将来安定した収入が一生涯もらえたら、あなたの人生変えることが出来ませんか? ブラック企業に無理やりしがみついているよりもっと有意義な人生を送ることが出来るでしょう。 もし、現在会社を辞めたいと思っているなら、この情報を手に入れてみませんか? ブラック企業からの脱出!一生続く不労所得を手にする方法とは?

お金

「残業代ゼロ法案」の目的はブラック企業にやりたい放題にさせるため?!それを脱出する為には?

今でも仕事を行う上に、「残業」も行う必要があるのはもはや当たり前な事ですね。 酷い職場だと「残業代」すら出さない、いわゆう「サービス残業」を社員に強要する場合も少なくない様です。 ある就職や転職情報を取り扱う企業「Vorkers」の約6万8000人社員の「残業時間」に関する調査結果によりますと…… 1月の平均残業時間で 最も多いのは「30時間」の14.5%となり、 2番目に多いのは「40時間」の14.5%で、 3番目に多いのは「20時間」の13%という結果が出ました。 つまり、月の平均残業時間は”20時間〜40時間”もあるのは全体の41.2%(約半数)も占めている事になりますね。 これで残業代がしっかり出る企業はまだ良い方ですが、実際には残業代すらまともに出ない。いわゆう「サービス残業」で成り立ってる企業も少なくないです。 そして今度は政府から「残業代ゼロ法案」が提出されました。 そもそも「残業代ゼロ法案」て何? 企業は労働者に働いた時間の長さに関係なく、”仕事の成果”に対して報酬を支払うという法案であります。 2014年5月28日に、安倍首相が議長を担当している「産業競争力会議」で提案された案で、労働規制を所管している厚生労働省も導入の方針を固め、新成長戦略の中心として6月に閣議決定されました。 従来の働き方はフルタイムですと、1日の労働時間は原則8時間までですが、いずれの場合も深夜・休日手当は支給される他に、残業代に関しても裁量労働制で最初から賃金に含まれていると見なされています。 ところでこの新しい法案「残業代ゼロ法案」は労働時間の長さとまったく関係なく、”成果”のみで賃金を決めるという法案です。 「成果で支払う賃金を決める!」 一見まともな法案ですが、実は大きな落とし穴があります。 それは「労働者に与える”仕事の量”と”成果に対する基準”が全て事業主が決めている」という事です。 そうなりますと、1人の労働者に2人分、あるいは3人分の仕事を与え、そして終わらないと「終わらないのは貴方自身の責任だから時間を延ばしても終わらせろ!」と言って安い賃金で過重労働させる事が出来ますね。 さらに成果の基準を高めに設定して、例え良い成果を出しても、「まだまだ達すべき(成果の)基準に達していない!」という理由で支払うべきの報酬を支払わなくて済むのです。 つまり、労働者を”こき使い”たい、あるいは”使い捨て”にしたい企業には絶好な法案ですね。 ところで、この不景気で雇用状態がますます悪化している社会の中、この様な問題はどんどん悪化する一方でしょう。 私はその様な現象の中、自身の将来や生活を守るために、今在宅でパソコン一台で行える副業を行い、権利収入を得られるシステムを建築しています。 在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは

ブラック企業

ブラック企業はキャッチコピーでわかる!?アルバイトの採用から見える実態とは!?

ブラック企業が批判されるこの時代。募集の際にはいろんなキャッチコピーが使われています。しかし、表があれば裏もあるように、キャッチコピーには企業の本音が隠されています。ブラック企業にありがちなアルバイトの採用情報をシェアいたします。   休憩がほとんどない長時間労働、理不尽な叱責が日常化している職場、こういった労働環境の会社はブラック企業と呼ばれています。インターネットの発達によって、少しでもブラック企業のイメージがついてしまえば、採用希望者に大きく影響が出てしまうようになりました。しかし、退職者は少なからずいるため、新たに雇う人は必要です。どうやって採用者を募るのでしょうか?   こういうときには多くの人が受け入れやすいキャッチコピーを使っています。よくあるフレーズを紹介していきますね。 「経験者優遇!」のフレーズからは経験者でも働き続けることができないような環境であることが示されています。経験者が優遇されるといった当たり前のことをキャッチコピーにしているのであれば、かなり裏があると考えて良いでしょう。 「履歴書不要!」というのは、これまでの経歴を一切みないということになります。つまり、何か過去にあった人でも採用するということになるので、そういったつながりになるときもあります。 このようにキャッチコピーが意味していることを考えてみると、ある程度職場の状況が予測できます。自分の時間を守りつつ稼げるように、募集先を選びましょう。 ただ、会社に依存して稼ぐことが今までの前提です。会社に労働時間を提供せずに稼ぐのであればこういったことは起きません。最近では、会社に依存せずにインターネットで稼いている人が増えています。特に、権利収入を作るために働いていますね。 ブラック企業に依存しない!権利収入を稼ぐ方法とは?

ブラック企業

貧困ビジネスにご用心!あなたの生活保護費も狙われている

今、生活保護を受けないと生活できない貧困層がターゲットになるビジネスが問題になっています。 無職の人のことをニートなどと呼ぶことにも問題があるのでしょう。 ニートと言えば聞こえは良いですが、収入のない人が生きていく道はそんなに甘い物ではありません。 一度貧困層に落ちてしまった人が負のスパイラルを抜け出すことは、容易ではないようです。 そしてこのような人たちを狙った貧困ビジネスが、貧困層の人が稼ぐ手段になり裏副業として成立しています。 無料低額宿泊所で生活保護を受給するには注意が必要 一番狙われやすいのは、職を失ったり、障害者など働けずに住むところを失った人達です。 生活保護を受けたくても定住所がないため生活保護を受けられない、そんな人たちの為に、社会福祉法に記載されている無料低額宿泊所と言うものがあります。 設置者は民間のNPO団体が多いのですが個人でも都に申請さえすれば設置出来るため、悪質な貧困ビジネスとして生活保護費を盗みとられる被害が後を絶たないようです。 入居を考える方は、生活保護費を騙し取られない為にも、どこの団体が設置した施設なのかをしっかり見極める必要がありそうです。 学歴なし!才能なし!貯金なし!それでも成功できた○○ビジネス

ブラック企業

ブラック企業!見分け方~ヤバイ求人広告のアレで分かる!

  ここ最近、ブラック企業が大変に大きな社会問題になっています。   また、やっとの思いで内定を貰った会社が もしもブラック企業だとしたら あなたのサラリーマン生活はどうなってしまうのでしょうか。   そんなことに陥らないよう、ブラック企業の見分け方を 身に付けておく必要があります。   実は求人広告に使われているフレーズに注目することも 見分け方のひとつなのです。   こんなキーワードに要注意 ・未経験者大歓迎! 仮にあなたが会社の経営者(雇う側)だとしたら 即戦力になる、その業界の経験者を優先的に雇いませんか?   もしかすると、その業界の経験者が来たがらない 会社かも知れません。   ・店長候補の募集です! 今の社員に店長候補はいないのですか?   また、実際に数ヶ月後に店長の肩書きを与える会社もあります。   そうすることで、幾ら長時間勤務をしても残業代を払う必要の無い 会社にとって都合のよい社員を作り出します。   ・急募!限定募集! よく冷静になって考えてみてください。   そもそもこの場合、応募者のメリットはまったく有りません。   むしろ、急に退職者が出るような会社の環境を 疑うべきです。   ・大量募集です!   一見、業績が上向きの会社に感じますが 現存の社員数との比較が必要でしょう。   特に生保会社や車のディーラーの場合は 要注意です。   採用したての1年間はだれでも親戚、友人に 売れるものです。   ですから「社員募集」と言うよりも「お客様募集」の 意味合いが大きいのです。   ・社員旅行は海外に!   これも一見、業績が安定している会社に感じます。  …