CATEGORY サラリーマンの悩み

サラリーマンの悩み

会社に行きたくない!人間関係でユウウツなあなたに送る3つの方法

会社に行きたくない人はあなただけじゃない! 連休明け、有休明けだとかなり感じてしまうこのユウウツ。 楽しかった反面、急かしてくる上司、ムリを頼んでくる同期、仕事を覚えようとしない後輩たちと再び顔を合わせる日々。さすがにイヤになっちゃいますよね。 サラリーマンやOLがうつになるのも、人間関係が原因というのが圧倒的多数。そんなユウウツから逃れて楽しくお仕事するにはどうすれば良いでしょうか?   人間関係に悩むサラリーマンとOL 毎日満員電車にゆられて働くサラリーマンやOL。 色んな悩みを抱えながら仕事をしているかと思います。ひどく悩んでしまって、働くことも、生活することもできなくなるという人も少なくありません。 上司、同僚、部下、取引先といった人間関係に悩むことが大半の原因。 気難しい人もすくなくありません。そんな悩みを解決するにはどうすれば良いのでしょうか? 解決する3つの方法 実は、解決する方法は3つにまとめることができます。 もちろん、メリットだけの方法なんてあるはずもなく、メリットがあるようにデメリットもあります。 それでは、1つずつ解決法を確認していきましょう。 その1:配置替え、転勤 一番初めに考えるのが、配置替えや部署変更といった会社内で移動するというもの。 同じ部署、デスクでなければ会うこともほとんどありません。 転勤ともなれば、職場との距離もできるので、会う確率も低くなって悩むことは少なくなりますね。 会社から外れることなく、人間関係を改善するにはこの方法がgoodです。 ただ、今までの仕事に取り組むことが難しくなります。 ホントにやりたい仕事なのに、職場の人間関係が・・・という場合には、この方法は適していませんね。   その2:原因とマジで向き合う 次に考えるのは、原因となる人間関係に本気で向き合うというもの。 相手と向き合い、お互いに価値観を伝え合うことで、わだかまりを解決していこうというもの。 この方法であれば、職場を変えることなく、人間関係を改善することもできますね。 この方法のデメリットは、かなりの時間がかかりますし、確実に改善するということが保証できないというもの。 基本的に相手が変わることはないので、自分が相手を受け入れられるほど信頼できなければ、解決しません。 その3:辞める 一番極端ですが、会社自体を辞めてしまうというもの。 会社に関わることがなければ、原因となる人にも会わずにすむというもの。 どうしようもいかなくなった場合の最終手段という感じですね。 デメリットは、会社からの給料、福利厚生が受けられなくなるというもの。 今後の生活に不安が残りますね。転職先や別口の収入が決まっていれば、この方法は特にベストですね。 まとめ 悩める人間関係の解決方法としては3つ。 転職や辞職で会社という環境から離れるか、本気で向き合って解決させるか。 どちらにせよ、かなりの時間はかかります。どの選択がライフスタイルに適しているかで判断しましょう。 会社とはオサラバ!人間関係に悩まない、豊かな生活を手に入れる方法

サラリーマンの悩み

BtoCで働く人たち、ほとんどが仕事に不満をもっている!?

一昔前と比べてとても便利になったこの時代。 それを支えるのは数多くのBtoC企業。 しかし、そこで働く人の多くは仕事に不満を持っているようです。 華やかなイメージのあるBtoC企業に不満が出るとは、一体何があったのでしょうか。 BtoCとは? 企業の分類としてよく知られているのが取引先で分ける方法です。 企業同士で取引を行う企業はBusiness-to-Businessを行う企業、略してBtoB、B2Bと呼ばれています。 また、一般の顧客に小売であるなら、Business-to-Customer/Consumerを行う、略してBtoC、B2Cと呼ばれる企業です。多くの企業はこの2種類に分類することができますが、その中でもBtoC企業で働く人のほとんどが仕事に対して不満をもっているようです。 その原因は何でしょうか。   ふまんだらけのBtoC! BtoC企業での不満の多くは顧客からのクレームのようです。 BtoBと比べて顧客の数が多いため、どうしてもクレームの発生率が上がってしまうのです。 また、BtoB企業であればクレーム対応の部署などを設けることもできますが、BtoC企業では店舗販売などで顧客と直接関わってしまうことからストレスも溜まりやすい傾向になるようです。 これらのために、離職率が高くなる企業が多いです。 この高い離職率でブラック企業のイメージがついてしまい、働く人の確保にも厳しくなっています。 そうなると、社員1人あたりの負担が大きくなり、さらに労働環境が厳しくなることも不満に拍車をかけているようです。 まとめ 実際に顧客の喜びに立ち会えるということでやりがいのある仕事ではありますが、労働環境は厳しいと不満も出やすくなります。 転職、退職のためにも別枠の収入源を求める人も多いようですね。 とくに権利収入の収入源を求めるならこちらで必要な知識を学んでおきましょう。 激務とはオサラバ!ストレスフリーでも収入が変わらない秘密!

サラリーマンの悩み

サラリーマンはリッチになれると思いますか?

生涯他人の豊かさのために、ほんのちょっとの給料に勤めているのがサラリーマン。 早ければ、今日から仕事始めだという方も、いらっしゃると思います。 あなたはやりたいことを、やりたい時、やりたい人と、やりたい場所で好きなだけ自由にやる。 そんな自由を手にしたいと思わないですか? サラリーマンにとっては、ずっと夢のまま? 私は20~30代のころから、いろいろな仕事に従事して、リッチな人にも、金欠病の人にも会って来ました。いろいろな人生 を目にしました。 その中で、リッチな人は人とのつながりを大事にし、深めるための支出や努力をいとわないのです。 一方、貧困な人は他人のご厄介になるだけ利用して、自前の稼ぎを増やそうとします。これはいろんな人を目にしてきた実情です。 ですから、本当のリッチな人たちは誰もが皆腰が低いのです。 権威を振るっているのは、苦労知らずに最初からお金を手に入れてるボンボンたちか、ワンチャンスで成功した成金だけです。 億万長者の思考法に切り替える事は大事ですが、それがリッチな人になるために必要な全てではないと思います。   人から雇われているうちは、リッチな人になれない リッチになるためのカギは、いつまでも他人に雇われている従業員でいてはダメだという事です。 まずは、ココに気がついてください。お金持ちは、誰もがビジネス起業家なのです。 他の人に雇われたり、用いられて億万長者になる人はおそらくいません。 つまり、ずっとしがない会社員、労働者ではいけないと言う事です。 いつかは事業主として、自立したビジネスパーソンでなければ、リッチな人にはなれません。 リッチな人は、勤勉で勉強家、そして行動的な人が大半です。 セレブリティは放っておいても、金銭が入ってくるシステムをそつなく築いているものなのです。   在宅で不労所得が作れるビジネス方法ならこちら!    

サラリーマンの悩み

恐怖のラットレース生活を脱出セヨ!テレビの時間を資産にする!

あなたは今、ラットレース生活を送って いませんか? ラットレース生活を脱出したいと心で 思っていませんか?   突然「ナニ?」と思ったかもしれません。 ラットレースって、ナンナノ? 「脱出」ということは、まるで蟻地獄の ような恐ろしいレースなの? いろいろな疑問が湧くでしょう。   「ラットレース」という言葉は、 ネットビジネスの世界では有名な ロバート・キヨサキ著の 『金持ち父さん 貧乏父さん』 で取り上げられています。 最近では、社会人にもだいぶ定着される ようになってきました。   ラットレースとは、働いても働いても貯金が できず、生活がラクにならない状態のこと。 (Wikipediaより) ネズミ(rat)属のハムスターって、 運動するとき、回し車をものすごい スピードで走らせます。 でも、前には進めないですよね。 そこからラットレースと名付けられました。   私たちは、働いて給料をいただき、 その給料で生活をしています。   うち、その給料は、家賃、固定資産税、 社会保険料などでほぼ消えてしまいます。   しかも、たくさん働いて給料が増えても、 意外と貯金がない人っていますよね。 たくさん税金を取られているからです。   これがラットレース状態なのです。   働き口がなくなったら、あっという間に 一文無しになってしまうところを、給料を いただいて「ジリ貧」レベルに抑えている、 それが私たちではないでしょうか。     もし当てはまったら、ラットレース生活から なるべく早く脱出する方法を見つけなければ いけません。   そこで、自宅のテレビの時間などを うまく使って、会社仕事以外にお金を増やす ネットビジネスをすればいいのです。   ただし、これって、SOHOみたいな自宅の…

サラリーマンの悩み

旦那は会社勤めでつらそうにしています!アメブロ主婦の怒りの声

私が書いているアメブロの読者さんに 主婦の方がいますが、2015年7月付の記事で 旦那が会社勤めでつらそうにしている、という ことを日記にしていました。 実はその主婦の方は、旦那さんの了承も得て 副業をしています。 旦那さんが会社勤めでつらそうにしている のを我慢できなくなったのでしょう。   主婦の方のアメブロには、大体こんなことが 書かれていました。   旦那さんは営業職。 ある程度仕事に慣れはしたものの、帰社して 報告書を作成するときは、定時であるはずの 18時をとっくに過ぎている頃。   旦那さんの帰宅はいつも終電間際。   会社勤めとは別に家族との時間をもっと 大切にしてストレスを出したいはずなのに、 それが仕事にとられてできない日々。   最近は、 「また終電だ」 「辞めたい」 「つらい」 と漏らすようになったそうです。   さらに、旦那さんをつらそうにさせた ある事件のことも漏らしていました。 旦那さんはある日、完成した報告書に ミスが発覚して、そのことを上司にきつく なじられてしまったそうです。   たまたまその日は早く報告書が仕上がり、 上司もチェックなんてしなくても大丈夫だと いう姿勢を貫いていたせいか、帰宅の許しを 得られ、帰宅したそうです。   もっとも、その帰宅時間も23時頃だった らしいですが。   しかし報告書にミスが発覚し、残業していた 別の社員にやらせる羽目になったことで 上司の怒りの矛先がその旦那さんに向いて 翌日早出になったそうです。   チェック漏れの上司に非があるはずなのに。 旦那さんも主婦の方も、理不尽すぎると 思ったでしょう。   しかし、上司は頑固で、付き合いでも 主導権を握られっぱなしのまま、 また会社勤めの日々・・・。…

サラリーマンの悩み

ゴールデンウィークは仕事を休みたい!在宅ワークでその願いを叶えるには?

ゴールデンウィーク、仕事を休みたいあなたに、ちょっとした朗報です。 ゴールデンウィークで、本当は仕事を休みたいのに、現実を見てみれば会社の仕事がこま切れに入ったり、周りがゴールデンウィーク中仕事を休んで、代わりにシフトをとにかくめいっぱい入れられたり・・・。 実は、これから在宅ワークに取り組んで、収入をどんどん増やしてしまえば、仕事を休むどころか、仕事のことを気にしないゴールデンウィークを満喫できてしまいます。   自分の好きなところにちょっとでかけたり、趣味で新しいことに挑戦したり、輝かしく楽しいゴールデンウィークをすごせたら、素晴らしいですよね。   ゴールデンウィークは、誰だって仕事を休みたいのです。 この時期に休めば、新年度がはじまって多忙だった毎日から、リフレッシュすることができるのですから。   「ゴールデンウィークが仕事でも、まあ平気だから」 タテマエではそう思っていても、ホンネは穏やかではないはず・・・。 ニュースには、ゴールデンウィークを満喫する大勢の観光客の姿が必ずや映し出されます。 高速道路が渋滞している様子、 気温が上がって、少し水浴びしている様子、 気持ちのいい気候の中ハイキングをしている様子・・・。 それらを見て、お子さまが 「●●●にいきたーい!」 などと言うと、さすがに逆らえなくなってくるものでしょう。   「かわいい子には旅をさせよ」ではないですが、ゴールデンウィークは世間がどんどん休みになる中であくせく働くより、長く休みをとってうんと楽しいことをした方が、お子さまのためにも、家族のためにもリフレッシュできるのです。 そのためには、在宅ワークで独立して、もともとの仕事のことも考えなくていいほど収入を得てしまえばいいのです。   ・・・普通はそんなこと、なかなかできないですよね。 在宅ワークで副収入を増やすといっても、通勤の手間が省けるだけで、アルバイトみたいにどんどんやっていかなければ、在宅ワークで独立なんてムリだと思われて当然です。   でももし、在宅ワークの中でも、アルバイトとは違い、権利収入を作ってしまって遊んでいても生活に必要な分、あるいはそれ以上のお金が入ってくる、なんてことが実現できたら? 実は、もう夢物語ではないのです。 詳しくは今すぐココをチェック! ★毎週をゴールデンウィークにする権利収入生活へのトビラ!★

サラリーマンの悩み

ゴールデンウィーク後「五月病」になる原因を遂に発見!その脱出策とは?

五月に入ると、多くの人に「五月病」という現象が見られ、特に新しい環境にまだまだ馴染んて いない新入生や新入社員に多い様です。 そのため、新しい環境に適応出来ない事によって精神的に病んでしまう事の総称を「五月病」と 呼んでいます。   そしてその様な人達に対し、多くの人は「甘えている!」「怠けている!」という非難の声を上げますが、実はある調査によりますと、5月の連休明けに”うつ病”に似た様な「無気力状態」や 「気分が落ち込む」という状況になる人は少なくありません。   ある「瓦版」という全研本社が運営しているウェブマガジンの263人に対する調査によりますと、 ゴールデンウィーク後に「五月病」の様な”うつ状態”に陥る感じるか尋ねた所、全体の37%が「 やや感じる」と答え、そして34%の人が「とても感じる」と答えました。   つまり、合わせて全体的に67%の人が「五月病」になったと感じています。   一体どうしてこの様な現象が起こるのでしょうか? 私が思うには、やはり自身の生活リズムや時間などが全て”他人”にコントロールされ、好きな 様に生活を送れないのが原因です。   会社や仕事に自分の生き方が縛られ、残業や過重労働によって平日仕事のある日には過剰なスト レスが溜まり、そして休日になると一気に解放感を感じ、休日が終わりに近付くと「また辛い日 が始まるのか」と思い、うつになってしまいます。   「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」が取っていないのですね。   しかし、例えこの様な生活を続けると、毎日忙しくてストレスが溜まるのを分かっていても、多 くの日とはお金や生活の為にやむを得ず続いているのです。 よって、今はインターネットやパソコンを利用して何時でも何処でも、自分の好きな様な生活リ ズムを送りながら仕事を行ている人が増えていますね。 在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは

サラリーマンの悩み

タバコ税がまだ上がる!ベランダでも吸えない!規制しまくる今では一体どうすれば...?

  今の時代は色んな所で分煙が進んだ事によって、多くの人は少しの煙でとても気にする事になり ますね。 昔はオフィスやレストランなどで当たり前の様にタバコを吸う事が出来、さらに町中も分煙化し ていないので、「歩きタバコ」は当たり前の様に見る事が出来ました。   しかし、その後医学の研究が進み、そして多くのメディアや雑誌で喫煙や”副流煙”の実害が立 証され、報道される事によって、今までタバコを気にしていなかった人が「よくも今まで沢山の 副流煙を吸わせたな!」と怒りを感じる様になり、規制する声を上げる様になりました。   また、少子高齢化によって子供は非常に大切な存在になり、子供の健康を考えてタバコを辞めた り、さらにタバコを規制し、さらに”排除”する様にと声を上げる親が増えました。   そしてもう一つの原因は、年配の方が非常に増えたという事でしょう。 今でも多くのテレビ番組で健康に関する紹介が非常に多く、それは年配者が増え、彼らが一番気 になる話題「健康」や「長生き(長寿)」を紹介すると視聴率が取れるからでしょう。 健康に対する関心度の高い年配者達は、当然タバコを規制する様にと声を上げます。   よって、今まで多くのお父さんが家族からの要求で、家ではなく「ベランダ」に吸う様だったが 、今では近隣の人から抗議を受ける事によって、「ベランダ」でも吸えない様になりました。 そして今では多くの喫煙者から「なら何処で吸えば良いのか!!」という不満な声が上がってい ます。   私自身はタバコを吸わない人ですが、それでも喫煙者のタバコを吸う権利を奪うべきではないと 考えております。要するに、皆が不満に思う一番の原因は”副流煙が迷惑”という事ですね。 それなら副流煙が外に流れない様にすれば良いのです。 外には専門の喫煙スペースがあり、さらに煙が外に漏れない様に作られていますが、それと同じ 様な物を家で作れば良いのです。 つまり、家でタバコを吸う専用の部屋(スペース)を作ればいいのです。 そしてその部屋からの煙が外に漏れない様に作れば、家族やご近所さんから抗議される事はあり ません。   「そんな部屋を作るお金が勿体ない!」という声が聞こえる様ですが、これからの時代、喫煙者 の支払うお金が益々増えるのは仕方のない事です。 タバコ税が上がり、そして近い将来健康保険負担額を上がる様になるでしょう。 何せ喫煙者が抱えている最大な問題は「将来の健康」です。 そのため、そんな余裕のお金が無いのなら「タバコを辞める」しか方法はありません。   ただ、今は多くの人が毎日の仕事でストレスが過剰に溜まっている時代、ストレス解消の為にタ バコ吸う人は少なくありません。 そして心のストレスが溜まる最大の原因は、やはり「過剰労働・上がらない賃金・老後の不安」 などですね。 そのため、今では多くの人が新しい収入原を作るようにと考えております。   在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは

サラリーマンの悩み

若者のお酒離れ!声を大にしては言えないお財布事情とは!?

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス! お酒を飲まない若者が増えていると話題になっていますね。お酒を飲む席が少なくなり、若者とコミュニケーションが取れずに悩む上司も増えてきています。若者はそこまでお金をもっていないのでしょうか?   社会に出るとかなり誘われしまう飲みの席。同僚や上司といった会社関係から友人たちや恋人と話をする良い機会になります。飲み二ケーションともあるようにコミュニケーションの1つとして利用されています。   ただ、入社して間もない若者世代はこういった宴会に積極的でないことが増えてきています。実際、誘う側の上司も飲み会の参加率の低さにお酒離れを実感しているしているようです。   なぜここまで若者の間でお酒が少なくなってしまったのでしょうか?   それはお金。お酒にかける分のお金を自分の好きなことに使うようになったのです。   お店でお酒を飲むことになると1回で4千円から5千円くらいの出費になります。月に3回ほどお酒を飲めば1万円以上の出費になりますね。その分のお金を趣味に使うようになったのです。   車や料理、スポーツなど趣味を楽しむため、お酒の優先順位をかなり低くしているのです。また、お酒を飲んだ次の日も活動的に過ごすために控える人も増えてきていますね。   お金を使ってまでお酒を飲んで次の日を二日酔いで過ごすよりも、しっかり休んで好きなことを楽しんだ日にすることも良い選択ですね。   しかし、実際は「十分なお金があればお酒を飲んでも良い」と言う人も少なくありません。お金が足りないから優先順位をつけて人生を楽しんでいるという若者もいるはずです。 とはいえ、稼ぐために残業を増やすことは難しいですし、残業を増やすと楽しむ時間も減ってしまいま。どうやってお金を稼ぐべきなのでしょうか?   そこでオススメなのが権利収入型の副業。権利収入であれば働く時間に関係なく収入を得ることができます。ですので、本業で働いている間にも、趣味を楽しんでいる間にも、お酒を飲みながら話をしていても銀行の残高を増やし続けることができます。 趣味もお酒を楽しむことができる権利収入の副業はこちら! 忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!

サイドビジネス・副業

追い出し部屋に行かされるのは40代!?そんな仕打ちをしてしまう理由とは!?

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス! 最近の話題となっている追い出し部屋。リストラをするための口実をつくるために使われるようですが、そこに行く社員のほとんどが40代のようです。ここまで会社に貢献してきた40代社員にそんな仕打ちをするのはなぜなのでしょうか?   追い出し部屋は希望退職に応じない社員を出向させる部署のこと。その部署は事業・人材育成センターという名前の下で活動しているようです。その部署でできる仕事というのが極端に少なく、これまで培ってきたスキルを活かすことができないのがほとんどです。   そんな追い出し部屋に出向する人の多くが40代の社員。40代といえば10年以上も会社に貢献してきた人材であるにもかかわらず、退職させるような追い出し部屋に行かされるのでしょうか?   実は、追い出し部屋に行く人は会社への貢献度が低いのです。   会社の従業員はもらう給料以上に会社へ売上をもってくる必要があります。40代といえば、仕事のノウハウを知り尽くし、部下と一緒に会社に貢献する仕事をしていく年齢です。ですので、その分だけ高い給料をもらっています。   ただ、全員が給料以上の働きができるとは限りません。一部は売上への貢献度が低く、給料をもらい過ぎているということが起きています。しかし、年功序列でどうしても給料を減らすことができないのです。そこで解決策が追い出し部屋によるリストラなのです。   こうして追い出し部屋に行かされ、自主退職する以外の方法がなくなってしまいます。そんな仕打ちにあわない対策はどうすれば良いでしょうか?   まず挙げられるのができる仕事の幅を増やすこと。外国語をマスターしたり、資格をとるのも良いでしょう。ただ、それでも社内で競争に勝てるとは限りません。 そこでオススメなのが副業に取り組むこと。特に権利収入となる副業に取り組むことです。権利収入は時間で決まらない収入なので、本業で働いていても、家族で旅行を楽しんでいても、同僚とお酒を飲んでいても通帳の残高が増えていく収入です。 この収入があれば、そんな仕打ちをされてもすぐに退職し、自由な生活を送ることができます。しかも退職後も得られる収入なので、老後対策にもなる収入です。そんな権利収入となる副業、知りたい方はこちら! 忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!