マイホームと教育費!主婦を悩ます将来の家計費の不安

office-730681__180

結婚したら、夢はマイホームですよね

賃貸で暮らすか持家でクラスかどちらが

得かということを考えたりしますが

やはり自分の家が持ちたいというのは

夢ではないでしょうか?

 

・賃貸のメリット→家族のライフスタイルに合わせ気軽に引っ越すことが出来る

その土地に縛り付けられる事が無い

ローンの負担が無い(ボーナス払いなど)

 

デメリット→将来何も残らない

 

・持ち家のメリット→将来自分の財産となる

老後、住むところがあることの安心感

 

デメリット→不動産取得税や不動産登記費用が掛かる

 

どちらも、メリットデメリットはありますね

 

親に家を譲ってもらう、親と同居などでなければ、どちらにしても月々の支払いは

必ずありますね

 

長くて35年のローンを組むこととなります

定年と共に終わるか、定年後も続くか微妙な

ところですね

 

ですから、ローンはずっと続くと考えてその間には

子どもが生まれ、今度は子供を育てていくうえでの費用が必要に

なってきます

 

そうなると住宅ローンを抱えたまま、子どもたちの将来のための

資金もしっかり考えて行かなくてはいけませんね

 

では、教育費っていくらぐらいかかるのでしょう

もちろん、どういう進路を進むかで金額はかなり変わってきますが

平均はどのくらいでしょうか?

 

幼稚園から大学まで公立で行けた場合→750万円

大学のみ私立の場合→890万円

高校から私立の場合→1050万円

小学校から私立の場合→2130万円

中学から私立の場合1500万円

ざっとこんな感じでしょうか?

もちろんこれらはあくまでも平均の場合です。

 

これ以上にもし夢があるならば、それをかなえるための

費用も必要となってきますから、これだけでは

終わりませんね

 

しかもこれらは子供一人につきのデータですから、兄弟がいれば更に

2倍、3倍。。。と増えていきますね

 

やはり、ローンと共に貯蓄をしていくのは、

旦那様の給料だけでは難しいですね

 

そこで、主婦が考える収入の得る方法として考えるのは

パートに出ることではないでしょうか?

 

ただ、パートに出るとなると家事や子供のことなど

そう簡単ではありませんね

 

子どもが小さいうちに始めなければ学校へ行き始めてからでは

遅すぎますから、子供を保育園に預けてでも

働くこととなれば保育料もバカになりませんね

 

もちろん、今は働くママを応援!という意味で保育所を兼ねている

職場というものもありますが

数はまだまだ限りなく少ないですね

 

そこで、考えるのは在宅で出来るビジネス

内職もその一つですね

 

ですが、内職は一つ何銭の世界ですから

ある程度の金額を稼ぐには相当の数をこなさなくてはならず

在宅ながら家事育児との両立はとてもできません

 

ですから、在宅で出来るビジネスと一口に言っても

しっかり選ばなければ、在宅でありながら

時間の自由はなくなります

 

しっかり選ぶことが出来れば在宅でしかも

子どもとの時間も上手に取ることが出来るので

家事や育児をしながらも、進めていくことが出来ます

 

その在宅ビジネスとはネットワークビジネスですね

ネットワークビジネスの醍醐味と言えば

コツコツ構築していくことで、将来の権利収入につながるということ

 

権利収入とは構築がしっかりされれば、働かなくても得ることが出来る

収入の事ですね

 

子どもの行事だったり、体調を崩してビジネスが出来ない日があっても

収入を得ることが出来るというものです

 

いわゆる権利収入という収入の得方ですね

 

権利収入というのはわかりやすい例では

実業家だったり、不動産オーナーや株主などが

得ることが出来る収入ですね

 

そう聞くと、やっぱり何もない主婦では難しい収入ではないかと

引いてしまいがちですが、それを可能にするのがネットワークビジネスです

 

主婦が権利収入を得るための方法とは

 

今は各家庭のインターネットの環境が整っていますから

それを利用するほかはないですね

 

ただ、インターネットのビジネスやネットワークビジネスは

怪しいというイメージが強く、チャレンジすることに躊躇をしてしまったり

してしまっていませんか?

 

それはビジネスが悪いとかというわけでは

無く、当初始めた人たちがあまりにも強引にビジネスを進めて

しまったことにありますね

 

そのイメージが根強く残っていますが

今は、友人知人を誘うことなくインターネットのシステムを

使って、パソコンのスキルを上げることで、収入につなげていくことが

出来ます

 

主婦が家事育児と両立できる権利収入型ビジネスとは