ホットヨーグルトが花粉やアレルギー対策になるわけ

今回はホットヨーグルトが美容やダイエットだけではなく花粉症アレルギー対策に最適な食品であることについてお話をしていきたいとおもいます。

12950_LP-2095N_2

ホットヨーグルトですが、あまり食された方は少ないとおもいます。
名前の通りホットヨーグルトはヨーグルトを温めて食べるだけのことです。
ヨーグルト=冷たい食べ物と思い込んでいるので、なかなかヨーグルトを温めて食べる発想が無かったとはおもいますが、ヨーグルトは冷たいまま食べてしまうと体を冷やしてしまうので、温めてホットヨーグルトとして食べたほうが体も冷やさなくてすみますし、結果的にも効果が高く得れることになります。

ホットヨーグルトとしてヨーグルトを温めて食べることで有効成分の吸収が促進されて冷たいヨーグルトよりも早い形で効果が出やすくなります。またヨーグルトは乳酸菌の働きを活発にすることが強みの1つですが
冷たいまま食べてしまうと腸の働きが鈍くなってしまい、乳酸菌の働きを最大限に引き出すことができません。
ホットヨーグルトとして食べることで腸が冷えずに乳酸菌の働きを最大限に引き出すことができるので、それが早い効果に繋がってくるのでしょう。
効果が早く出やすいということで、花粉症やアレルギー対策の効果になりますし
花粉症やアレルギー以外にもしわ、にきび対策、小顔小尻効果がありますし
また、ホットヨーグルトだけの効果としてコレステロールと中性脂肪を減らすこともできます。

ホットヨーグルトは食べる時間帯によっても効果の発揮がまちまちで
夜に食べる夜ヨーグルトとしてホットヨーグルトを食べれば効果を最大限に得ることができるでしょう。

ホットヨーグルトの作り方としては、これもいたって簡単
ヨーグルトをラップせずに、そのまま電子レンジでチンして少し混ぜれば出来上がりです。

 lgi01a201402161800

ヨーグルトの有効成分はアレルギーや花粉症持ちの方には心強い食品です。
フェリカス菌、L-55、LGG、ビフィズス菌どれも花粉症の症状やアトピー、アレルギーの症状を緩和する効果を得られる成分になっています。

だからこそヨーグルトは花粉症やアレルギーにとっていい食品なのです。

ただ、ホットヨーグルトだけを食べていればすべてが解決するわけではありません。
ホットヨーグルトも過剰に食べれば太って逆効果になる可能性だってありますし
ホットヨーグルトを食べるぶん夜は食事調整をして、そのぶん朝と夜に栄養バランスを調整する食べ物を食べる必要があります。
とてもっじゃないですがホットヨーグルトだけですべてを賄うことはできません。
ホットヨーグルトの効果を得るためにも、栄養サプリメントを併用してとることで体内の栄養バランスをしっかりと保ちホットヨーグルトで最大限の効果を得ることができる準備をしておくことが必要なのです。

 いま注目をされている副業のヒミツとは。。

aviary-image-1434472566330-300x177