看護師の副業でトラブル多発?巻き込まれない方法とは!?

看護師がトラブルに巻き込まれない最適な副業とは?

ダウンロード (2)

看護師副業をしているって意外と多いですよね。

看護師として本業を持ちながら副業で夜勤のバイトや健診・イベント救護のバイトなど、組み方にやっては二つ三つ掛け持ちしてたりして・・・

お疲れさまです。

看護師の皆さんの中で副業している人は、本業の給料だけでは満足はしていないと思います。

世間では看護師は高給取りと思われがちですけど一部を除けば、そうでもないんですよね。

だから、自分のため家族のために副業をする看護師は意外と多いのです。

例えば、シングルマザーなので本業の給料だけでは生活厳しかったり、家族の入院などで入院費用が必要であったり、結婚資金や旅行・留学などの目標があるので収入がもっと欲しいと諸事情があり副業をするわけですよね。

申し遅れました。。。

私も看護師を本業としながら副業をしています。

実働の副業ではないのでトラブルに巻き込まれる心配はないのですが、看護師の副業にトラブルはありがちなので例を開示しますね。

例1  ある公立病院病棟勤務の男性看護師は父親の介護費用がかかるため、夜勤バイトをして副業を数年していたそうです。ある時、看護師長に呼び出され副業を指摘され明るみになりました。のちに看護部長に厳重注意とともに始末書を書き、「ほうんとうに副業禁止なのを知らなかった」のを理由に復職してるのだそうです。

公務員は副業禁止なのです。

それを知らなかったのには驚きましたが、内部告発だったそうで男性看護師は自分で悪いのを棚に上げ犯人探しをして嫌がらせをしているとか・・・

例2  病棟勤務をしていた独身の女性看護師は、他の仕事が残っていても定時には帰ってしまい、他の看護師が残された仕事をするのは日常茶飯事だそう。ある時、同僚看護師が胃腸炎で夜間緊急病院に受診したところ、そこで点滴業務をしていた女性看護師にバッタリ。「誰にも言わないで!」と念を押されたそうです。

患者さんには人気があったそうですがスタッフには文句が多かったり自己中心的で周囲とコミュニケーションをとらないので評判がわるく敬遠され孤立していたそうです。

質素な生活、多額の貯金、通帳眺めて楽しんでるなど噂が絶えなかったとか・・・

でも、結局は結婚資金、新婚旅行、マイホームの目標があって副業をしていたことが判明したそうです。

「ありえないでしょう?そんなに一度に夢を叶えることは。」

そう思うと、変に納得しますね?

「そんなに頑張ると、これだけの目標を達成出来るのかも。」

看護師の副業は、多いから可能かもしれませんけど、かなりの体力・気力が必要ですよね。

それにリスクも背負わなければならないのです。

本業でさえ心身ともに疲れてしまうのに、さらに実働で副業をするのは病気になるリスクも高くなりますし、本業でやるべき事が疎かになって信頼を失ってしまう恐れもあります。

 

なので、最近は私のようにネットビジネスに視点を変えて副業をしている看護師が増えています。

私が取り組んでいるネットビジネスは、本業に悪影響を及ぼすことのない副業です。

マイペースに隙間時間を使って、今までの生活スタイルを変えることはありません。

副業をしている看護師にありがちなトラブルに巻き込まれない副業であると思います。

隙間時間を有効活用し副業する看護師のネットビジネス成功法!?