ネットビジネス、テープ起こしでオススメな求人

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

今回はネットビジネステープ起こしをするときに、こういった求人サイトをみるとテープ起こしの仕事を見つけやすいことについてお話をしていきたいと思います。

そもそも、テープ起こしはどういった仕事なのかについてですが
会議や講演、ミーティングなどでスピーチされた内容を、そのまま文章にしてテープを起こすというそのままの意味です。
テープ起こしという言葉に馴染みのない方だと、議事録がこのテープ起こしというネットビジネスです。

images (1)

1件5千円くらいで募集しており、だいたい内容は1時間くらいで話をしたものを文章にしていくのです。
英語や専門性を高く求められる内容のものだと、報酬はかなり高くなります。
テープ起こしは他のネットビジネスと比べてみても、報酬が全然違うくらいに高くなるので
いまネットビジネスのなかでもテープ起こしは人気のある仕事の1つになっていて、テープ起こしの募集が殺到しているくらいなのです。

テープ起こしで求められる能力は1にも2にも、タイピングスピードです。
タイピングが早ければ早いほど、テープ起こしには向いているので、キーボードを打つスピードだけは早い方やキーボード見なくても打てるブラインドタッチが得意な方は、テープ起こしに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

だいたい早い方でスピーチ内容の6倍くらいでテープ起こしが完成するようです。
1時間の講演内容だと6時間でテープが起こせるので、在宅でネットビジネスをしたい方には、イチオシのネットビジネスになりそうですね。

7082767257_cbceba1931

テープ起こしをするには、まずテープ起こしの仕事を受注している専門の求人サイトに登録するか
テープ起こしを掲載している求人サイトに登録しなければいけません。

ここで、できるだけ多くのテープ起こしの求人がのっている求人サイトを紹介したいと思います。

*フロムエーナビ 約60件

*ショットワークス 約60件

*anエリア 約40件

*シフトワークス 約55件

*バイトルドットコム 約45件

など大手の求人サイトやYahooやリクルートといった大きな会社が運営している求人サイトから
テープ起こしができるので、安心して仕事に登録することができますし
複数の求人サイトで登録しておけば、それだけテープ起こしの仕事も多くのなかから選べることができて、自分の得意なテーマで仕事ができて楽しいかもしれませんね。

ただ、テープ起こしはなれるまでが大変です。
いくらタイピングスピードが早くても、なれるまでは四苦八苦するので10時間くらいかかります。
また、言葉が聞き取りにくいクセのある人が話していると、なかなか作業が進まないのでイライラしてストレスがたまります。

また、テープ起こしを受注できる競争率も高く、実績のある人や力のある人が優先されて仕事が採用されるので、テープ起こし初心者の方はどうしても不利になります。

テープ起こしの仕事を受注できても、相手からしたらできるだけ早いこと出してもらえたらいいので
在宅でできますし、したいときにはできますが、作業時間を考えると、やりたいときにやれないのがテープ起こしのデメリットになる部分です。

在宅でネットビジネスをしたい人はできるだけ、時間に縛られたくないと思います。

そして、頑張ったら頑張ったぶん収入が欲しいとも思います。

テープ起こしに限らずあなたの条件に沿ったネットビジネスは他にもたくさんあります。

そのなかで私がオススメした1つのネットビジネスがネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスは他のネット系のサイドビジネスと同様、完全歩合制ですが
他のサイドビジネスにはない収入システムである権利収入です。

権利収入ですので、少しの間休んでいても条件さえ満たせば収入が手元に入るシステムになっています。
誰でもできて、特に能力もいらない誰でもできるサイドビジネスになっています。

収入を手にいれるまでは大変ですが、ある程度まとまった収入を手にいれれば、そこから一気に加速して、本業のお仕事の収入を遥かに超すレベルの収入も手にすることができます。

ネットワークビジネスとは、いろんな夢を叶えることができる魅力的なサイドビジネスなのです。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。
とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。
しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

ネットビジネスでおこづかいを取りたい人

読んで頂きありがとうございした。