タバコ税がまだ上がる!ベランダでも吸えない!規制しまくる今では一体どうすれば...?

1

 

今の時代は色んな所で分煙が進んだ事によって、多くの人は少しの煙でとても気にする事になり ますね。

昔はオフィスやレストランなどで当たり前の様にタバコを吸う事が出来、さらに町中も分煙化し ていないので、「歩きタバコ」は当たり前の様に見る事が出来ました。

 

しかし、その後医学の研究が進み、そして多くのメディアや雑誌で喫煙や”副流煙”の実害が立 証され、報道される事によって、今までタバコを気にしていなかった人が「よくも今まで沢山の 副流煙を吸わせたな!」と怒りを感じる様になり、規制する声を上げる様になりました。

 

また、少子高齢化によって子供は非常に大切な存在になり、子供の健康を考えてタバコを辞めた り、さらにタバコを規制し、さらに”排除”する様にと声を上げる親が増えました。

 

そしてもう一つの原因は、年配の方が非常に増えたという事でしょう。

今でも多くのテレビ番組で健康に関する紹介が非常に多く、それは年配者が増え、彼らが一番気 になる話題「健康」や「長生き(長寿)」を紹介すると視聴率が取れるからでしょう。

健康に対する関心度の高い年配者達は、当然タバコを規制する様にと声を上げます。

 

よって、今まで多くのお父さんが家族からの要求で、家ではなく「ベランダ」に吸う様だったが 、今では近隣の人から抗議を受ける事によって、「ベランダ」でも吸えない様になりました。

そして今では多くの喫煙者から「なら何処で吸えば良いのか!!」という不満な声が上がってい ます。

 

私自身はタバコを吸わない人ですが、それでも喫煙者のタバコを吸う権利を奪うべきではないと 考えております。要するに、皆が不満に思う一番の原因は”副流煙が迷惑”という事ですね。

それなら副流煙が外に流れない様にすれば良いのです。

外には専門の喫煙スペースがあり、さらに煙が外に漏れない様に作られていますが、それと同じ 様な物をで作れば良いのです。

つまり、家でタバコを吸う専用の部屋(スペース)を作ればいいのです。
そしてその部屋からの煙が外に漏れない様に作れば、家族やご近所さんから抗議される事はあり ません。

 

「そんな部屋を作るお金が勿体ない!」という声が聞こえる様ですが、これからの時代、喫煙者 の支払うお金が益々増えるのは仕方のない事です。

タバコ税が上がり、そして近い将来健康保険負担額を上がる様になるでしょう。
何せ喫煙者が抱えている最大な問題は「将来の健康」です。

そのため、そんな余裕のお金が無いのなら「タバコを辞める」しか方法はありません。

 

ただ、今は多くの人が毎日の仕事でストレス過剰に溜まっている時代、ストレス解消の為にタ バコ吸う人は少なくありません。

そして心のストレスが溜まる最大の原因は、やはり「過剰労働上がらない賃金老後の不安」 などですね。

そのため、今では多くの人が新しい収入原を作るようにと考えております。

 

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは