病気やケガで老後破産!?そうなってしまった原因とは?

 

定年退職してようやくゆとりある生活が送れると考えている方。実は老後破産の危機が迫っていることをご存知ですか?ちょっとした病気ケガがきっかけで老後破産に追い込まれてしまうこの時代、その原因を知ってすぐにでも対策を取りましょう。

 

老後破産は定年退職を迎えた人たちが借金をしてしまい、自己破産をしてしまうこと。生活できるほどの収入である年金があるにも関わらず、なぜ自己破産してしまうのでしょうか?

 

free-illustration-money-09

それは、ケガや病気による医療費が原因の1つです。

 

定年を迎えるのは60歳。サラリーマンであればこれくらいの年齢で定年退職することになります。ただ、健康に関して何かをやっている人でない限りはなにかしらの病気は抱えているようです。

 

接待のお酒で肝臓を悪くしていたり、運動不足がたたって肥満になってしまう、骨が弱くなっている人もいます。また、若い世代とは違い、新陳代謝も落ちているので簡単には運動の効果がでないことも病気やケガの一因となっています。

 

そうなると、ちょっとした運動でケガをしたり、体調が悪くなったりもします。そこで病院に行くと診察や薬でかなりの出費になってしまいます。

 

また、ガンなど医療保険が効かない治療だとその出費はとんでもない金額になってしまいます。年金生活のためにそういった保険に入らない人も多いのでかなりリスクがある状況のようです。

 

では、医療費で老後破産にならないためにどんな対策をやればいいのでしょうか?

 

予防をしていたとしても、完全に防ぐことができないので、支出に備えた収入源を確保するのがベストでしょう。定年後の体力を考えると、働く時間で決まらない収入が適しています。

そんな収入、権利収入はインターネットでも獲得することができます。副業として取り組んでおけば、いざというときに助かります。そんな安心を手に入れる方法とは・・・

病気やケガの医療費なんて怖くない!老後破産にならずにゆとりある生活をする方法!