子供のお菓子や飲料に使われる添加物の危険性

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

子供のお菓子や飲料に使われる添加物の危険性

今回はふだんのスーパーや駄菓子屋で売られているような子供お菓子飲料水には添加物が使われており、その添加物が海外では使用禁止になるくらいまで危険度が高い添加物であることをお話していきたいと思います。そして、危険性を低くしていくような解決法もご一緒にお話していきたいと思います。

いきなりで恐縮ですが、日本における添加物の基準は海外(アメリカやヨーロッパ各国)に比べて添加物が使われている基準が甘いことをご存じでしょうか?

添加物が国によって基準が違っており、アメリカでは使えないけど日本ではOK。といったように添加物が使える順に並べると、日本>アメリカ>ヨーロッパの順になります。

日本でも指定された添加物を使っていない食品を無添加

ヨーロッパやアメリカが指定した添加物を使っていないことをオーガニックといい

世界各国で添加物をいれない、健康問題に取り組む方が増えてきている傾向ではあります。

ただ、健康問題に取り組む人もいるいっぽうで、添加物を使って作った食品のほうが安上がりになって低価格で売れるメリットはあります。

そうした添加物が入った食品はジャンルを問わずいろんなものに使われています。

もちろん20円や30円といった低価格で販売されている子供のお菓子にも添加物が使われており

添加物のなかでも人体に影響があるような危険度の高い添加物が使われております。

例えば、子供のお菓子で食べると舌が赤くなったり紫色になったりするようなお菓子ってありましたよね。舌が赤くなったり紫色になったりするあのカラクリは、タール色素という添加物が使われています。いろんな食品にもタール色素が入っていてもちろん記載されているので、そこまで危険なものなのかと思われる方もいるかもしれませんが、タール色素ってタバコとかにも入っているようなタールと一緒ですよ。わかりやすく表現しているので、極論にはなってしまうかもしれませんが、子供にタバコを吸わせているのと一緒のくらい害のあるものなのです。

しかも舌が変色するようなお菓子に入っているタール色素は、タール色素のなかでも一際危険度の高いものになっていて、発ガン性や染色体異常のリスクがあります。大人のからだと違って子供はまだ未発達で免疫も低いです。ふつうなら使わないほうがいいのですが、添加物として許可を出してしまっているのが現実なのです。

お菓子以外にも例をあげると

同じタール色素の添加物ですが、先程よりかは危険度は低くなっているものに使われているのが無果汁の炭酸飲料水に使われています。いろいろな飲料にも使われているので特定はしませんが、ほぼ多くの人が飲んだことのある炭酸飲料水だと思います。

こちらに使われているタール色素はアレルギー体質の人にはアレルギーを引き起こしてしまったり

赤血球数が減ったりします。リスクは減るでしょうが発ガン性の可能性もあります。

飲料水が好きな人は毎日飲んでしまうほどだと思うので、そのぶんリスクを引き起こすような添加物も体内にいれていることになります。

いっぽうで添加物の恩恵も受けており、食品を長持ちさせたり、手軽な価格でごはんを食べれたりもしています。

ただ、添加物に頼りきった生活は体内に悪い影響を与えたり、栄養は偏ってしまうので、その点はあなた自身で改善していく必要があります。

私たちがいま、身近で手頃に栄養がとれるために私がいま1番オススメしたいのは

ネットワークビジネスで売っている健康食品を摂取することです。

市販に健康食品と違ってネットワークビジネスの製品は会社によっても違うかもしれませんが、多くは天然成分で作られています。オーガニックよりも高い基準で製品を作っているので誰でも安心して栄養をとることができます。

また栄養をとって健康になるだけではなく、あなたが摂取している製品をネットワークビジネスとしてサイドビジネスとしてビジネスをスタートすることができるので、旦那さん給料や本業のお仕事の収入以外にも別ルートで収入を得ることができるので、へそくりにしたり、家計の足しにしたり、余裕な暮らしをすることもできます。

ネットワークビジネスは完全歩合制の収入です。

ネットワークビジネスをはじめたからと言って、そんなすぐに稼ぐことは難しいですが

完全歩合制ですので、結果を出せば出したぶん収入を得ることができます。

ある程度コツをつかんで、本業の収入を上回って独立されて、豊かな人生を送られている方だっています。

ネットワークビジネスで成功すれば、自分の夢も叶えることができる、魅力のつまったビジネスなのです。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。

とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。

しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

いかがでしたでしょうか?ここまで

子供のお菓子や飲料に使われる添加物の危険性

読んで頂きありがとうございした。