BtoCで働く人たち、ほとんどが仕事に不満をもっている!?

一昔前と比べてとても便利になったこの時代。

それを支えるのは数多くのBtoC企業。

しかし、そこで働く人の多くは仕事に不満を持っているようです。

華やかなイメージのあるBtoC企業に不満が出るとは、一体何があったのでしょうか。

BtoCとは?

企業の分類としてよく知られているのが取引先で分ける方法です。

企業同士で取引を行う企業はBusiness-to-Businessを行う企業、略してBtoB、B2Bと呼ばれています。

また、一般の顧客に小売であるなら、Business-to-Customer/Consumerを行う、略してBtoC、B2Cと呼ばれる企業です。多くの企業はこの2種類に分類することができますが、その中でもBtoC企業で働く人のほとんどが仕事に対して不満をもっているようです。

その原因は何でしょうか。

 

ふまんだらけのBtoC!

BtoC企業での不満の多くは顧客からのクレームのようです。

BtoBと比べて顧客の数が多いため、どうしてもクレームの発生率が上がってしまうのです。

また、BtoB企業であればクレーム対応の部署などを設けることもできますが、BtoC企業では店舗販売などで顧客と直接関わってしまうことからストレスも溜まりやすい傾向になるようです。

これらのために、離職率が高くなる企業が多いです。

この高い離職率でブラック企業のイメージがついてしまい、働く人の確保にも厳しくなっています。

そうなると、社員1人あたりの負担が大きくなり、さらに労働環境が厳しくなることも不満に拍車をかけているようです。

まとめ

実際に顧客の喜びに立ち会えるということでやりがいのある仕事ではありますが、労働環境は厳しいと不満も出やすくなります。

転職、退職のためにも別枠の収入源を求める人も多いようですね。

とくに権利収入の収入源を求めるならこちらで必要な知識を学んでおきましょう。

激務とはオサラバ!ストレスフリーでも収入が変わらない秘密!