ネットワークビジネスは人数と点数どっちが大事!?

19860568_sットワークビジネスは点数よりもグループ人数を意識しなければ安定した権利収入を取ることができない!?

ネットワークビジネス業界はグループ人数というのはあまり意識しませんよね。

「グループ人数があっても点数が集まっていなければ意味がない」

「大事なのは点数であって点数があってこそ成功にも繋がる」

こんな話がラリーで言われています。

これを聞いたアップラインがネットワークビジネスは点数こそ大事だといって、グループ人数を考えず1人1人に単価の高い発注をさせるようにしています。

他にもこういうのがありましたね。

アップにグループ人数と点数どっちが大事なんか?と聞いても上手く答えれなかったり、グループ人数3人で月180万円の売り上げを達成しているので、どうも人数は軽視しているよう。

そうなればネットワークビジネスはある意味、マネーゲーム化していますよね。

そうですね、私の見解からするとネットワークビジネスは点数と人数どっちが大事とかではなく、両方大事ですね。

前述の人数があっても点数がなければ意味がないし、点数があっても人数がなければ意味がありません。

でも少ない人数で点数を上げるようとするやり方はとてもタチが悪いですね。

これって権利収入を取ろうとするのでなくあくまでタイトルが欲しいからじゃないですか?(笑)

タイトル獲得して周りからチヤホヤされたいんかなと思うんですよ。

であと、点数だけで意識してタイトルを獲得しても調子がいいのはその月だけで来月は点数が全然集まりません。

一気に上がったものは一気にしぼむのです。

ネットワークビジネスに限らずビジネスというのは一時だけ大きな売り上げをあげるより安定した売り上げを上げるほうが難しいんですね。

ここはよく覚えておいてください。

で、その売り上げを安定させるのはネットワークビジネスでは人数になります。

ですので安定した権利収入を取ろうとなれば、人数を全然意識しないというのはありえないことだし、そのようなやり方ができないグループは一時は結果が出てもそれは長く続かないでしょうね。

【クリック】友人に嫌われない集客方法とは?