MLM成功者の考え方、失敗者の考え方~ネットワークビジネスで成功

【不幸】になるためのビジネス、一体いつまでやるの?

MLMネットワークビジネス)にはひと握りの成功者と、大多数の失敗者がいる。

これはほとんどどの会社のMLM(ネットワークビジネス)でも一緒です。

失敗者と成功者の違いは上手くいかないときに表れる

失敗者の考え方

失敗者はうまくいかないときこう考えます。

「あーあ、またダメだった。自分には才能がないんだ。もうやめよう。」

「アップはああいうけど、やったって成功できやしないよ。やめたやめた。」

「あの人も成約できなかった。もう誘う人なんかいないよ。」

「自分が成功できないのはアップが悪いからだ。」

成功者の考え方

成功者はうまくいかないときこう考えます。

「今は成功へのプロセスを歩んでるんだ!諦めずに続けよう!」

「努力が足りなかったな!よし!来月は活動量を倍にするぞ!」

「あの人は成約できなかったか。でも人はいくらでもいる!次だ!」

「アップは最近忙しいみたいだけど、自分は自分!とにかく行動しよう!」

成功者はとにかくポジティブ

成功者はとにかくポジティブに考える傾向にあります。

そして、成功するまで諦めません。

成功するまで続けるから、必ず最後に成功します。

エジソンも失敗した時には

「うまくいかない方法を一つ発見しただけだ」

と言って、実験を続けちたそうですからね。

MLM(ネットワークビジネス)も一緒です。

 

MLM(ネットワークビジネス)で成功したいなら、成功者の考え方を身につけましょう。

成功しやすい方法で活動していれば、成功の速度も上がりそうです!

【えっ!?】口コミはMLMの落とし穴?

 

口コミで失敗したときも考え方次第

ネットワークビジネスの活動をする場合、口コミやSNSなどの手段が考えられますが、最もポピュラーなのは口コミではないでしょうか?

この口コミ、実はネットワークビジネスの落とし穴だってご存知でしたか?

ほとんどのネットワークビジネスではダウンを作る方法として、口コミをしています。

しかし、成功者の間では「口コミは失敗のもと」と言われるほど、上手くいかない方法なのです。

というのも日本ではネットワークビジネスのイメージが悪すぎて、口コミをどんなに頑張っても成功するのは非常に困難なのです。

この状況を例えるならば下りエスカレーターを全力で駆け上がっても、なかなか上にいけない。そんな状況です。

勧誘した友達が偶然ネットワークビジネスに興味があり、やりたいと思っている、なんてことは殆どありません。それどころか、あなたはその友達から嫌われたり、避けられたりします。

既にそういう経験があるかもしれませんね。

成功者はこう考える

しかし、「ネットワークビジネスに興味がある人」は

日本には全くいないのか?というと、そんなことはありません。

事実、800万人の日本人が何らかの形でネットワークビジネスに関わっていると言われています。

金持ち父さんの本を読んだ人が興味を持って始める例も多いです。

そういう人たちだけを勧誘できれば効率的なのですが、残念ながら、見た目では判断できません。

興味のある人を探す方法を探る

しかし、ある方法を使えば

「ネットワークビジネスに興味がある人」だけを勧誘する

ことができます。

つまり、もう恐る恐る友達を勧誘する必要がないのです。

【閲覧注意】口コミが得意な人は絶対見ないで!