副業で駐車場経営!サラリーマンでもできるのか!?

サラリーマンに大注目!いま人気の副業とは!?

駐車場って実は副業でもできるって知っていましたか?
公務員の人気副業として知られる駐車場経営ですが
一般のサラリーマンでも駐車場経営を副業にすることはできるのでしょうか?


image

公務員から人気の駐車場経営
手堅い副業としてのイメージがあることから
公務員の人が副業としてチャレンジされている人が多いようです。

公務員の人は一般企業に勤められている人よりも
規律に厳しく、副業も原則は認められていません。
ただ、株や投資をしている人もいるので
仕事内容によっては、副業が認められている場合もあります。

そのうちの1つが駐車場経営です。
サラリーマンの人も、もちろん土地などを持っていれば
駐車場経営を副業にすることはもちろん可能です。

駐車場経営をするメリットとしては
*少ない資金
*低リスク
*経営が難しくない
*相続対策も容易
*転用もできる

駐車場もいろんなタイプがあるので
ご自身の予算に合わせて無理のない
駐車場経営をすることができるのが魅力の1つでしょう。

駐車場のタイプとしては
平面と立体の2つがあり
立体のなかでも
自動にするのか、しないのかで規模や収益が大きく変わってきます。

平面駐車場の特徴としては
*初期コストが低い
*維持管理コストも低い
*無人化運営もできる
*効率が低い
*収益が低い

かかる経費が少なく、無人化運営もできるが
そのぶん収益が少ないのが平面駐車場の特徴です。

いっぽうで立体駐車場の特徴としては
*建物の階数で利用効率を上げられる
*投資額も大きく、有人での運営が必要
*本格的に取り組む必要があり

規模が大きく、無人では運営することが難しいことから
本格的に取り組む必要があるのが立体駐車場の特徴です。

土地があれば、あとは駐車場として改良すれば運営できます。

必要な費用としては
線引きをするだけなら1台10万円から20万円
自走式のプレハブをつける場合は1台40万円から50万円
タワーパーキングにするなら1台230万円から250万円

以上の費用がかかってしまいます。

副業として駐車場経営をする場合
タワーパーキングといった規模の大きい駐車場にすると
副業として運営するのは難しいので
自走式のプレハブとして駐車場を改良するのがベストでしょう。

土地もだいた30坪くらいあれば
車を3台くらいおけるスペースができて
時間貸しとして駐車場経営ができるので
副業としてやっていくには
まずは規模を小さくして、副業でも取り組みやすいようにしていくことが
副業でも駐車場経営ができるかどうかのポイントになってきます。

インターネットで新しいライフスタイル!新時代の副業とは!?
image