副業でチャットボーイをする際にかかる税金とは!?

サラリーマンに大注目!参加が増加の副業とは!?

チャットボーイってご存じですか?
サラリーマンを中心に副業で参加してる人が増えています。
副業でするにしても、収入によって税金がかかってくるのをご存じでしょうか?


image

サラリーマンの人が空いた時間で副業をするときに
気軽に参加しやすい副業としてチャットボーイが注目されています。

テレビの人気番組でも紹介されるくらいの高い注目度を集めているチャットボーイ。
テレビで紹介されたことによって、これから参加するサラリーマンの方は増えてくるでしょうね。

チャットボーイで収入を得た場合
税金の問題があるので、申告をする必要があります。

チャットボーイはサラリーマンやアルバイトと違って
会社に雇用をされているわけではないので
収入があった場合、自分で経理を管理する必要があります。

会社の事務でやることを自分自身で全部やらないといけないので
管理能力を問われますし、知らないことも多数あると思うので
何をしないといけないのか、自分で調べないといけません。

そこで、最も大切なことになってくるのが税金になってくるのです。

チャットボーイで払う税金は2種類あり
*所得税
*住民税

があります。

所得税は収入によって納める額が変わる変動性で
住民税は一律で所得の10%を納めないといけません。

その収入額を申告するのが確定申告です。

副業でチャットボーイをする場合は
年間の所得が20万円以上なら申告の義務があり

本業でチャットボーイをしている場合は
年間の所得が38万円以上で申告の義務化があります。

所得と収入が一緒と思っている人も多いですが
実は少し意味合いが違うのをご存じでしょうか?

年間所得は収入から必要経費を差し引いた収益が所得になります。

例えばチャットボーイの場合は
インターネット代やカメラの周辺機器、パソコン代が必要経費になり
チャットをして収益を得たぶんから必要経費を差し引いた額が
所得になるのです。

収入を得るために、必ず必要な経費が必要経費となるのです。

証明をするために、領収書またはレシートが必要になって
確定申告時に必要になってくるのです。

毎月稼いでいて、年の収入が100万円以上なら
本業としてチャットボーイで開業することもじゅうぶんに可能でしょう。

税金面さえ気を付ければ
堂々と世間に向けてチャットボーイができます。

申告をしていないからといって
あとで高額請求を要求されたりして、トラブルになることもありません。

サラリーマンとは違うお仕事なので
違う部分をちゃんと把握しておけば
チャットボーイに限らず、誰でも副業ができ
ちょっとした副収入を稼ぐことができますね。

インターネットで新しいライフスタイル!これからの副業とは!?
image