お遍路代行を副業!注意したい習慣とは!?

サラリーマンに大注目!オススメの副業とは!?

テレビで紹介されるほど注目度の高いお遍路代行
サラリーマンの人が休日の副業として取り組まれています。
お遍路代行ですが、歴史があるので
お遍路ならではの習慣があるので注意したいとこです。


image

お遍路代行ですが、名前の通り
お遍路に行きたいが行けない人の代わりに
四国88箇所の寺院を参拝するのがお仕事です。

依頼者から預かった祈願を88箇所全てに納め
朱印を頂くことがお遍路代行のお仕事です。

ただ単に四国の88箇所の寺院を参拝するだけかと
簡単に思われる方もいるかもしれません。

はじめに言っておきますが
お遍路はかなりキツイものです。

88箇所、たしかに巡るだけですが
四国全土、各地に散っているので
四国1周するようなものです。

全部の距離で1300km以上の道のりになるので
相当な体力を持っていないと、厳しいものになるでしょう。

平安時代からお遍路は今の時代になっても続けられています。
時代の流れとともに、お遍路自体のやり方も変わってきてはいますが
昔ながらの習慣も続けれている場合もあります。

副業でお遍路代行をする場合
こういったお遍路ならではの習慣も知っておかないと
損する場合もあるので、知識として頭に入れておいたほうがいいでしょう。

地元の人がお遍路している巡礼者に対しての習慣で
お茶の差し入れやちょっとした軽食の差し入れがあります。

あなたからしたら見知らぬ人に呼び止めれて
お茶の差し入れとかされて、戸惑うかもしれませんが
地元の人からすれば、それは習慣でやっているだけなので
感謝と敬意を示して、おいしくいただきましょう。

あと、接待を頂いたときは
南無大師遍照金剛(なむたいへんじょうこんごう)
の宝号を唱えてあげ、納札を渡してあげるのが
巡礼者の役割です。

接待はお茶の差し入れだけではなく
家に泊めてあげたり
車にのせてあげる車接待などさまざまあります。

接待は習慣の1つなので
できる限り、接待は受けてほしいですが
もちろん、断っても構いません。

残念なことですが、お接待と偽って悪いことをする人もなかにはいらっしゃいます。
自分の身を守るためにも
ときには断りにくいこともあるかもしれませんが
勇気を振り絞って断ることも
副業としてお遍路代行するなら必要なことです。

変にお接待を受けて窃盗に合ってしまえば
依頼者からお預かりしている大事なものまで紛失してしまうので
責任問題になってしまいます。

お接待の他にもお遍路ならではの習慣はあります。

参拝と一緒に持ち歩いている杖は橋の上では絶対につかない

お遍路するルートも
順番通りまわる王道の順打ち
順打ちの逆ルートでまわる逆打ち
区切り区切り分けてまわっていく区切り打ちの3種類があります。

副業でする場合は
普段は本業のお仕事もあって、時間にも限りがあるとおもうので
区切りうちがオススメになります。

シーズンもピークが春、秋、空海の命日である3月21日前後がピークです。

ピーク時にほとんどの人がお遍路されるので
それ以外の季節は、閑散としています。
特に冬は降雪で雪が積もってさらに、厳しい環境下に襲われる他
宿も休業しているところもあるので
プランニングは慎重に行いたいところです。

野宿してこそ、本当の遍路だとプライドを持たれている方もいるかもしれませんが
昔と違って、物騒です。
いくら田舎とはいえども、被害に合っている方もいらっしゃいますので
無理をせずにビジネスホテルや旅館にとまって
体調を万全にすることが、なによりも大事です。

習慣やリスクにじゅうぶん気を配れていれば
お遍路代行は報酬も高いですし、自分自身も供養できるので
魅力的な副業だと思います。

高齢者からの需要も多く、これからも増えていくので
将来性もあってオススメの副業の1つでしょう。

インターネットで新しいライフスタイルをつくる副業とは!?

image