週末起業で便利屋として活動するには

いまもっとも注目されているオススメの週末起業

便利屋という職業が本当に存在しているのをご存じですか?
なんでもできないといけないから高い能力を求めれるのでしょうか?
そして便利屋で働くには、どういった活動をしていったらいいと思いますか?

 ob_009

平日は会社員やパートとして働かれていて
休日を使って副収入を得るために週末起業をはじめる方が増えてきています。

週末起業のなかで特にいま注目をあびているビジネスが便利屋です。
便利屋、つまりなんでも屋さんということですが
専門的な高い技術とかまでは求められないので
あくまでも日常の延長線上を代わりにやっていくあげることが
便利屋としてのお仕事になってきます。

主にエアコンクリーニングや不用品回収、掃除、買い物など
が便利屋としてのお仕事です。

特に最近では、高齢者の増加で家事や買い物、掃除が困難な人も増えてきていますし
女性も社会進出が活発して、なかなか家庭との両立が難しい方も増えてきています。

そういう人たちに応える形で便利屋が代わりにやってあげることで
ビジネスとしての需要が高まっています。

週末起業で便利屋として活動しやすいのも、人気が高い1つです。

資格もいらないですし、専用の事務所も構える必要もありません。
少ない資金が参入できることから、手軽さが高いのが便利屋として
人気が高い要因になっているのでしょう。

ただ、便利屋としてはじめるにしても、どう始めたらいいのか?
ノウハウがないので、自信がつかなかったりする人もいるので

最近では便利屋向けのセミナーを開催したり
便利屋になるための、養成学校まであるので
週末起業とはいえ、きっちりと知識を学んだうえで便利屋を始めたい人は
こういった場所に通うのもいいかもしれませんね。

 l201109100600 (1)

便利屋として活動をしていくには
主に2つのパターンがあり

1つは、自分で完全に独立をする

もう1つは、FC加盟をすることです。

独立ですると、収益は全部自分のものになりますが、知名度や信頼度は無いので
集客をする難しさがあります。

FC加盟の場合だと、名前やブランドを借りることができるので
集客はしやすいですが、そのぶん資金が必要だったり、加盟料がをとられるので
収益が減ってしまいます。

資金的には約50万円あればチャレンジできます。

単独で独立をしても、知名度をあげるために広告依頼をしないといけないので
改行してからもコストはかかってしまいます。

依頼ごとの報酬になってしまいますので、どうしても稼げる額の限界はあります。

ある程度の副収入やおこづかいレベルの収入でいい人なら
便利屋だけでもいいかもしれません。

しかし、経済的な生活を豊かにしたかったり、生活をできるだけ安定させたい人には
少し物足りないかもしれません。

便利屋だけが週末起業だけではありません。

週末起業では魅力的なビジネスが他にもたくさんあります。

そのなかの1つがネットビジネスです。

インターネットさえ繋がっていれば、在宅に限らず場所を選ばずどこでもできるので
手軽に活動することができます。

権利収入のネットビジネスを選べば、忙しくてあまり活動できなかったとしても
条件さえ満たしていれば、毎月決まった収入を得ることができるので
経済的にも安定した生活を送ることができます。

もちろん、コンスタントに結果を出していけば、本業の収入を超えることだってできます。

時間的にも豊かになって、自分の時間も増えるので
生活全体に余裕ができるので、ネットビジネスは魅力的な週末起業なのです。

インターネットで新しいライフスタイルをつくる週末起業!

 aviary-image-1434472566330-300x177