フランチャイズでカフェを独立しようと思う人へ

いま注目されているオススメの副業!!

今回は将来的にカフェ独立したいと思う独立意識が高い人たちに向けてカフェを独立していくには必要なものについてお話をしていきたいと思います。

main-images

カフェブームをキッカケにコーヒーを飲む人が増えていき都市部を中心にいまでは多くのカフェがあります。

 

コーヒーを飲む人が多いぶん、カフェの需要も高く、カフェ自体に華があるので
いずれ自分もこういったカフェで独立してみたいと思う人は多いと思います。

 

最近では仕事の働き方もいろんな方法があり、週末カフェやチェーン店の看板だけ借りて
オーナーになってカフェを運営するフランチャイズといった方法もあります。

 

なんのノウハウもなくサラリーマンから独立して、いきなりカフェをしてもうまくいくなんて現実的ではないですし

 

カフェで働いた経験のある人でも、いざ独立して自分だけの看板だけでカフェを運営していくにはリスクが高いです。

 

独立してやっていくにはフランチャイズの方法はリスクが低いでしょう。
これは少し紹介しましたが、大手のカフェチェーンの看板を借りて、自分はオーナーになって従業員を雇ってカフェを運営していきます。
サラリーマンから、いままで全くカフェとは無縁だった人でも、たいがいのカフェチェーンは最初にオーナー向けの研修がありますので、カフェ運用に必要なノウハウを得ることができます。

 

また、カフェ運用を始めてからも、フランチャイズの本部から定期的にスーパーバイザーといった運営に関するアドバイスをしてくれる人が来てくれるので、カフェ経験がなかった人でも自信を持ってカフェを運営していくことができます。

 

カフェチェーンの多くはフランチャイズの店舗なので
ひとりひとりのオーナーさんが頑張ってくれないと会社の売上も上がらないですし、スーパーバイザーもそのぶん会社と現場に合わせたアドバイスをしてくれるので、よっぽどのことがない限りは大きいリスクを背負うことはないでしょう。

 

ただ、フランチャイズでカフェを始めるときにとっても大変な部分は初期費用です。
だいたいフランチャイズを始めるための必要資金の相場は1千万円です。

6082000100017

なかには300万円程度でカフェを始めることができた話もあるみたいですが
そんなラッキーな話はそうそう無いと思いますので、基本的には1千万円かかると思ってください。

 

国内企業のドトールコーヒーを例に出してみると
内訳は
加盟料 150万円
ロイヤルティー 2%
保証金 150万円
設備投資 500万円です。

 

フランチャイズで店舗拡大をしているだけあって、ドトールコーヒーはフランチャイズを始める人にとっては良心的な企業です。

 

そんな良心的なドトールコーヒーでも初期費用はそれなりに用意をしておかないといけません。
やっぱり設備投資に金額はかかってきます

 

備品が壊れていたり、店内が古いとどうしても客足は鈍くなっ%