厚生労働省の出している内職の調査は嘘だった!?

内職でいま注目を浴びているオススメの仕事

いま内職が流行っていますが
厚生労働省内職に関する調査を行っていますが
実はだったって事実。
信じられますか?

2dc3a6d540477416761036ac9be7b5db-e1420944269255

厚生労働省では内職の月給について調査を行っています。
調査を行ったのはいいんですが、調査結果がとても信じがたいものになっているのです。

厚生労働省が行った内職の平均月給収入は4万6822円です。
結果から見てひとこと言えることは、収入が高すぎることです。

内職している人が平均で4万6822円もらえたら、内職の世界では
みなさんが成功者になっています。

厚生労働省の内職の内訳としては
*1万円から2万円の収入 14%
*2万円から4万円の収入 38%
*4万円から6万円の収入 19%

内職だけやっている人がこんなにももらえることは、そうそうないです。
このデータだけを信じて、内職をチャレンジしてみても騙されたってなってしまうので
注意が必要です。

of-way-eighth-shield-8602_640

実際の内職の相場の時給はだいたい200円から300円くらいです。
内職の世界では月収で2万円超えれば、すごいと言われる世界なので
平均で4万円も稼げる世界ではないのです。

時給換算の内訳としては、これも厚生労働省が調査して出していますが
*100円から200円 13%
*200円から400円 34%
*400円から600円 25%

になっています。
正直これでも数値としては、高いほうだと思います。

実際のところは、もっと低い数値が出てもおかしくはありません。

これなら、コンビニのバイトのほうが地方の時給でも少なくても700円はもらえるだけに
かなり厳しい数値です。

正直コンビニのバイトの儲かるのが現実です。

厚生労働省の調査の結果が嘘であると言いましたが
この調査には、内訳の人の中に
長時間労働者の方や本業とは別に内職をしている
男性の内職労働者も入っているので、どうしても数値が高くなっているのです。

だから平均が上がって、嘘っぽい結果になっているのです。
実際は、かなり少ないです。
正直なところ1万円もいかない人のほうが多いでしょう。

それでも内職は非常に魅力的です。
雇われているわけではないので、自分の好きな時間で取り組むことができますし
自宅でできるので、家庭優先で仕事ができます。

最近ではネット主流の副業が出てきて仕事の幅が広がってきています。
内職に似ている副業ですが
副業も在宅でできるお仕事が多いので、人気を集めています。

内職にしても副業にしても、いろんなお仕事があるので
自分の興味を持っている仕事や、スキルを活かしたい、取り組みやすい仕事にチャレンジするのがいいですが
どうせ副収入をとるのなら
権利収入型のネットビジネスが1番オススメです。

ネットさえできれば、仕事ができるので、在宅でも出先でもどこでもできます。
権利収入ですので条件さえ満たしていれば、活動量に関わらず毎月決まった収入を得ることができます。
いままでの内職のような、やってもやっても時給200円の世界ではなく
継続的な活動が必須条件ですが、コツコツ結果を出していけば
本業の収入を超えるくらいの高収入を得ることができるので、経済的にも余裕ができます。
権利収入ですので時間にも余裕ができるので、趣味や家庭に使う時間が増えて余裕を持った生活ができるので
権利収入のネットビジネスは内職においても1番オススメできるビジネスなのです。

内職で収入を上げる方法はここにあり!

aviary-image-1434472566330