レンタルショップで副業をするには

いまから始めるオススメの副業とは

今回は空き家を使ってさまざまなスペースとして提供できるレンタルショップのオーナーとして副業をしていくことはできるのかについてお話をしていきたいと思います

fukushima_duty-free-shop

レンタルショップのオーナーは空き家になった土地を買い取って、その土地を期間限定で使いたい人にレンタルして収益を上げていくお仕事です。

厨房設備や椅子や机があればレンタルカフェとしてレンタルしてもらうことができますし
椅子と机とホワイトボードがあればセミナールームとしてレンタルすることもできます。

それぞれの備品さえ揃えていれば、空いたスペースを買い取って必要なときにレンタルしてあげることができるのが
レンタルショップです。

最近では地方の商店街の空き家を使って、地域活性化に役立てようとレンタルショップのオーナー募集に力を入れたりする
地域もあるくらいですし、場合によっては起業家を応援してくれる地域には補助金も出るくらい注目されています。

あなた次第の工夫でスペースを最大限に活用できて、借りたい人にとっては魅力的なサービスになるので
借りたい人が魅力的になるスペース作りがレンタルショップの成功するポイントにもなるでしょう。

最近では平日はサラリーマンで仕事をしつつも、空いた休日を使ってレンタルショップを副業にする人が増加してきました。

空き家であるスペースだけを買い取ればレンタルショップのオーナーになるので
スペースだけ買い取れば、サラリーマンであろうが主婦であろうが誰でもできるので
レンタルショップは副業に向いている1つのお仕事ではあると思います。

a0002_001257.jpg

基本的にレンタルショップを借りたい人が多くて稼働がいい状態であれば
オーナーは何もしなくていいので、料金を徴収すれば終わりです。

そのスペースを借りたい人がいれば料金を徴収すればいいだけなので、誰でもできる簡単なお仕事です。

ただ、希望者がいなければスペース分の家賃だけを払うだけになるので
誰も希望者がいない場合は収入がなく家賃だけを払うハメになります。

そこで問題になるのが、その家賃を本業の収入から無理なく払えるかどうかがポイントです。

基本生活にかかる費用は本業の収入から賄うと思います。
生活を圧迫してまで、副業から支出してしまって生活に無理を強いられるくらいならやめておいたほうがいいでしょう。

どうしてもレンタルショップを運営するにもコツをつかむまでは収益を上げるには無理があります。

1人で賄えない場合はもう1人協力者を集めて共同オーナーという手もありますが
わけまえも半分になりますし、協力してやる以上できることも増えるとは思いますが、そのぶんトラブルになることも増えるのは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

時期によって栄えたり、閑散したりするのもレンタルショップの特徴です。
安定感がないと収入にもばらつきはあります。

収益をそこまで重視していなけれないいですが、収益を重視した場合長期的な目線でやっていくには
少し難易度があるような副業でもあるかもしれません。

副業で安定した収益を稼ぐには権利収入型のネットビジネスを活用するのが1つの方法です。

すぐに稼ぐことはできませんが、継続的にコツコツ活動をしていけば
本業を上回る収入を手にすることもできますし、条件さえ満たしていれば
活動量が少なくても、決まった収入を手に入れることができるので、毎月安定した収入を手にすることができます。

インターネットで隙間時間に活動するネットビジネス

aviary-image-1434472566330