週末起業は赤字でも確定申告をしないと損をするのか!?

インターネットを使って週末起業で副収入!

最近では週末起業を始めている人が増えています。
週末起業をはじめる人は増えていますが、会社に属しているわけではなく
全部自分の手で1から始めていかないといけないので、週末起業を始めたからと言ってそんなにすぐに稼げるわけではありません。
週末起業を始めて間もない人は、多くの人は赤字です。
週末起業で赤字でも確定申告をしなければ損をするのでしょうか?

11014007688

ちゃんとハッキリさせたいところですよね。

まず、週末起業を始めるときに役所に届け出を出して法人化しているかどうかによって分かれてきます。

多くの人の場合は週末起業を始めたからといって、特に役所に届け出は出さずにそのまま週末起業を始める方が多いですが、週末起業のお仕事によったり、何らかの都合で人によっては届け出を出して法人化にしている場合もあります。
まずは、あなたが法人化にしているか、法人化していないかどうかで答えが変わってきます。

答えから言ってしまうと週末起業で法人化していない人。つまり届け出を出していない人は
週末起業で赤字であっても確定申告をしなくても損をすることはありません。

赤字の場合は確定申告の義務化がないので、確定申告をしてももちろんOKです。
その場合は、税金が少し返ってくるので
少しでも返してもらいたい人は確定申告をしたほうがお得ではあるかもしれませんね。

ただ、かなり手間ですし、処理が複雑な場合は会計処理ソフトも導入しないといけません。
時間も大幅にとられてしまうので、確定申告をして、どちらが自分にとって得なのか?損しないのか?
よく見極めて判断したほうがいいとは思います。

いっぽうで、週末起業とはいえ役所に届け出を出して法人化している人は
赤字であろうが確定申告は毎年必要です。
義務付けられているので、出さないと損をするどころか大変なことになってしまいます。

tonto552

ただ法人化して個人事業主になっているので、赤字の場合は確定申告をすることで
税金は返ってきます。
詳しい申告書である青色申告で確定申告すれば、最大55万円まで税金はかからない措置もあります。
さらに3年分繰り越しもできて非課税に近い状態で仕事することができるので
法人化することで、毎年手間はありますが、税金は返ってきたり、国のサービスを受けることができるので
法人化したからといって、損だらけであるというわけでもないのです。

赤字だからといって、確定申告でさらに損をするわけではありませんが

どうせ週末起業をするなら、将来的に自分にとって得をするようなお仕事をしていくことが必要です。

週末起業でもたくさんの種類のお仕事がありますが、そのなかでもオススメなのが
権利収入型のネットビジネスです。

権利収入型ですので条件さえ満たしていれば毎月決まった収入を手にすることができますし
インターネットさえ繋がっていれば、空いた時間でパソコンやタブレットでお仕事ができるので
隙間時間を使ってネットビジネスすることができるのです。

すぐに稼ぐことは難しいですが
継続的に活動していき、コツコツと結果を出していけば、本業の収入を超すこともできるのです。
時間も豊かになるので、自分の好きな時間が増えるので
ネットビジネスは週末起業でとってもオススメなお仕事なのです。

初めて始めるネットビジネスで週末起業!

aviary-image-1434472566330