在宅アルバイトと在宅ビジネスの違い!手軽さをとる?レベルアップをとる?

在宅でできる副業のひとつに、在宅アルバイトがあります。

在宅アルバイトって、どういうものがあるのか、在宅ビジネスとどう違うのか、最初のうちはなかなかしぼれなくて、混乱を招きやすいものです。

ここで、在宅アルバイト在宅ビジネスの違いを考えてみました。

 

※   ※   ※   ※

 

在宅アルバイトは、別の会社や個人事業主から依頼されたお仕事を、あなたの自宅で進めていくものです。

女性の在宅アルバイトで人気があるものは、化粧品のアンケートモニターや在宅でのチャットレディです。

化粧品のアンケートモニターでは、感想などを書いて、その内容がよければよいほど、お金がどんどん入ります。

チャットレディは、男性と話す時間、そしてリピーターの多さなどでお金がどんどん増えていきます。

在宅アルバイトは、履歴書なども不要なことが多く、しかもたくさんの求人があるので、ムリなく在宅でお金を稼いでいきたいならば、ちょうどよいですね。

 

一方、在宅ビジネスは、お仕事は自分で立ち上げて、自分で広めていくものです。

どういうふうに始めて、どういうふうに進めていけばいいのかのマニュアルはそろっていても、どんなふうに進めるか、どこまで進めるかは、全部自分次第。

まあ、自営業になっちゃう、ということです。

たとえば、クリックされてお金が入るアフィリエイト、ポイントサイト、FX、転売などは、在宅ビジネスです。

こんなこと言われると、在宅ビジネスって、ものすごく大変じゃない?
と思われますが、気楽です。

自分のペースで進めることができて、しかも売り上げが伸びなくて赤字になったときも、自己責任で、上司から怒鳴られることはないです。
(お客さまからクレームが来ることはあります)

 

在宅アルバイトと在宅ビジネスは、仕事がソトからくるのか、ウチで作るのか、そこに違いがある、ということですね。

 

在宅アルバイトは手軽なのはよいのですが、収入はちょっと少なめ。

その反面、どうしても生活費との兼ね合いも考えて、月収5万、10万以上の収入を手堅く稼いでいきたいとお考えであれば、ちょっと不向きにもなります。

在宅ビジネスは、最初のうちはどうしても敷居が高いイメージがありますが、経験を積み重ねるうちに、よりキャリアアップを果たすことができます。

副業系のブログの中には、女性の方々でもアフィリエイトでの広告収入やFXにいちから挑戦して報酬をゲットした、というのもよく見ます。

生活費などがちょっと苦しい、と思ったら、在宅アルバイトでまず在宅で稼ぐとはどういうことなのかを学んで、それからプチ副業として在宅ビジネスに切り替えると、ムリのないステップアップになるでしょう。

 

※ 在宅で、1年2年、はたまた3年以上も長く安定して数万円を稼ぐことができ、
  仲間と一緒に楽しくレベルアップできるビジネスをお探しなら・・・

★生活費を長くサポート!在宅アルバイトでなくても安心できる方法★