新生活の準備の資金はいくらくらい必要か調べてみたら・・・

これから始まる新生活準備するのに資金いくらくらいか考えておきたいもの。

新生活が始まる前は、期待より不安のほうが大きいのは仕方のないことです。
せっかくなので、新生活準備資金、最新のデータからいくらか見てみましょう。

a0002_008667-300x199

(株)リクルートマーケティングパートナーズの「新生活準備調査2014」(2014年12月付)を見てみると、こんなことがわかりました。

 

★新生活準備のための資金の平均は78.1万円★

 

78.1万円が、2014年の平均。

これは2013年の平均68.6万円より増えていますが、それでも2009年の96.7万円よりは少ない、という感じです。

 

ただ、問題はそのナカミ。

2014年のこの新生活準備資金の平均額ですが、たいていは増税前の駆け込みでこうなったようで、増税後の2015年は、もっと上がるかもしれませんね。

それから新生活が実現した後も、お互い住むのは賃貸のアパートかマンションがほとんどだそうです(70.1%。ちなみに購入は13.7%にとどまった)。

そして、夫婦のライフスタイルについての考え方は、

「結婚してもお互いのプライベートを大切にしたい」
「週末でもお互いそれぞれの予定を大切にしたい」

の回答が大きく増えていました。

貯金に余裕がないため、住居はともかく、現実的で安定した生活を望んでいることが多いんだなと感じました。

たしかに、会社でいくら働いても安定して、しかも生活に困らない給料が望めなくなった時代、こうなるのはあたりまえですね。

 

でも・・・、

本当はもっともっとお金が欲しいはずなんです。

 

 

 

 

新生活の準備のための資金、あるいは新生活が始まってからの貯金、もし調達がいつもの仕事だけでは間に合わないなら、在宅ネットビジネスで副業の収入を得るのも一つの手です。

将来の公的年金、社会保険料のことも考えて、ネットビジネスで副業する人はもうヘンに思われる時代ではないのです。

 

ただ、ネットビジネスで在宅で稼げることに魅力はあっても、なんか私に合わなそう、難しそう、時間がない、お金がない、などの理由で動けずじまい・・・というケースも多いのが現状。

 

ビジネス選びは、なるべくあまり迷わないで、「これだ!」と思ったものに決めて、とにかくやり切るという思いが大切なんですね。

私が20ヶ月も収入を出し続けている在宅ネットビジネスの極意、もし知りたければ、今すぐココを見てみてください!
↓   ↓   ↓
★なぜ普段の仕事中に、貯金口座にお金が?その真相とは・・・★