「これからなくなる仕事」に愕然!在宅ビジネスの権利収入が命綱に!

これからのニッポンの仕事、かなりやばそうです。

私、インターネットで「これからなくなる仕事」について調べたのですが、これは在宅ビジネス権利収入を手にする必要があるなと思いました。

a5d183f3ca7ce2759e40552e0b81e17d-300x203

近頃は在宅ビジネスで空いた時間にパソコンを使って仕事をして、おこづかいくらいの額でも、毎月権利収入を入れることが話題になっています。

在宅ビジネスが必要な理由って、会社の給料だけでは生活するのにちょっときついから、というのが一番多いですよね。

しかし、どうやら「これからなくなる仕事」のサイトを見る限り、在宅ビジネスで得る権利収入の大事さは、これから一気に増えていくのではないかと思います。

たとえば、「これからなくなる仕事」のリストに挙がっていたもの。

 

1.一般事務、秘書

経理作業は、日本よりもコストの安い海外に外部委託(アウトソーシング)
されてしまうかもしれない・・・とのこと。

 

2.コピー、FAX、プリンタ関連

日本は紙を使いすぎていることが指摘されています。

そして、iPadなどのタブレットが増えてからというもの、電子書籍が
どんどん増えて、代わりのモノができてしまっています。

印刷関係、コピー機関係は、仕事がどんどんなくなるかもしれない、とのこと。

 

3.教員

最近の日本の少子化の波は、ものすごいものがあります。

しかも、ここまで教えてきた高校生レベルまでの知識は、メモリーデバイスに
まとめられて、検索すれば、いつでも学べてしまう時代がくるらしいです。

これでは、教鞭ふるって、黒板に書いて・・・という、これまでの先生がいなくなる!

463f3660d695bc2bef5e0ed81aea3e76-300x200

上のような「これからなくなる仕事」、どうやら2020年、オリンピックの年までにはその通りになるのではないかという懸念がされています。

はたしてそれが100%本当なのかどうかはわかりませんが、その前触れとなるようなことは、すでに起きています。

ひとくくりに言ってしまえば、

「ヒトの作業がデータになる」

ということ。

全部コンピュータでできちゃう。

これから転職を考えるとしたら、そのことも考えた仕事選びをして、足りない分を在宅ビジネスの権利収入で補って・・・、ということが必要になってくる時代が、もうきているんですね。

今後の在宅ビジネス、もし同じことを考えているパートナーと共にできたら、心強いですよね。

●自分の手で大切な仲間を見つけ出すために必要なコトとは?●

夢の泉