ネットワークビジネス現象恐るべし!会社を辞めるとまで軽く言わせてしまう?!

最近、会社辞めるつもりでいる人が、異様なほど多いですね。それも、辞めたい、という漠然としたものではなく、本当に「会社辞める」と決断した人が。

そして、その理由にネットワークビジネスにまつわるものが多いという事実も見逃せません。

ネットワークビジネスならではの可能性

会社を辞める理由は人それぞれですが、ネットワークビジネスに関係している理由が多いっていうことは、それだけネットワークビジネスに大きな可能性を感じる人が増えてきている、ということですね。

もともとネットワークビジネスって、怪しいイメージが付きまとっていて今でもyahoo掲示板や2ちゃんねるなどでとやかく言われています。

それでも副収入を大きくしていけること、メインの商材である化粧品やサプリメントで、美容と健康を手にすることまでできること、この双方からネットワークビジネスを選ぶのでしょう。

 

ただし、やはり怪しいと言われているだけに、相手をうまく説得する方法、あるいは本当にネットワークビジネスを求めていてマッチングする相手を見抜く方法を掴んでいくことが大きなテーマになります。

お金のためなら!という度胸だけでなく、素直に学んで実践できるか、ということですよね。

会社労働、日本という国、そして、求める「自由」

会社を辞める理由といったら、会社労働の組織形態と、日本の文化や風土との関係に大きな変化が出てきた、というのも重要なものかもしれません。

 

日本は、礼儀を重んじます。

そして、控えめで、自分の意見をあまり言わない風潮があります。

しかし一方会社を経営する立場の上層部は、理念と意見を持たないことには続きません。

だからこそ、その理念や意見と、社員の人間性がマッチングしないでギスギスしてしまうことが多いんですね。

ただ上司にやるべきことを指示され、自分なりにベストを尽くしても、上司自身が考えていることと違うと、叱責される。

 

毎日を必死で生きている社員って、

「意見を言わないで誠実でいることって、ホントにいいの?」

・・・とうすうす感じてはいても、組織が自由にそうさせてくれないあまり、ストレスを溜めてしまうことがよくあるそうです。

 

これはネットワークビジネスに限らず副業全般で言えますが、自由に自分なりに働いて、自分らしさをどんどん出したいがために、会社を辞めることに決める人が多いのではないかなと思います。

決して悪いことではありません。私も、そのひとりだったのですから。

ネットワークビジネスで、性格的に、体型的に、相手をうまく説得することがどうしてもできなかったら・・・・・・。

今はインターネットを使って、相手と直接会わないで、本気のダウンを増やす方法もあるんですよ!

●【無料メール講座】インターネットで、リストを無限大に増やす方法!●