ネットワークビジネスの勧誘を、見た目に関係なく成功させるには?

自分の見た目関係なくネットワークビジネス勧誘が成功できたらいいなと思いませんか?

見た目って?容姿、ルックス、服装、さらに乗っている車やブランドの時計などのことです。

ネットワークビジネスのディストリビューターって、相手に好印象を持ってもらうために、勧誘のとき、見た目に結構命かけますよね。

a0001_016705-300x198

ビジネス界でよく言われる「メラビアンの法則」によると、見た目や表情などで
どんな人かを55%も判断されてしまうらしいです。

でも、見た目なんて言われても、ネットワークビジネスの集客に成功している人の
見た目を完全にコピーすることなんでできませんよね。

顔立ちは化粧したり整形したりすればかなりのところまでは近づくと思いますが、
5cm、10cmの身長差は、いかんともしがたいです。

 

見た目をカバーするもの

 

私思うのですが、自分の見た目をカバーする要素はいくらでもあると思います。
ネットワークビジネスは見た目だけで決まるものではないでしょう。

例えば、髪型や服装だったら、比較的少ない額の投資でも整います。

そして、声の大小や高低、適度な間合い、これらもトレーニングを積めば上達します。

あとは、コミュニケーション。

ヘンに売り込みをせず、まずは相手と親しくなってもらうために趣味の話、今いるレストランやカフェ、そして出身地の話などで盛り上がれるようにする。

そして、相手はどんなことに悩んでいるのか、素直に聞いてあげる。なるべくたくさん。

自分がどう考えていても、まずは素直に聞いて、頷く(ヘンに表情を作ると怪しまれますが)。

「この人は誠実だな、ふざけることはできないな」と思わせれば見た目をカバーすることは十分にできます。営業マンだって、全員がモデル並みの体格、というわけではないですからね。

a1180_003851-300x215
文章は7%ではない!

 

あとは大事なのは、セールスレター。

メラビアンの法則によれば、文章や文面通りの解釈では、相手はその人のことを7%しか判断できないそうですが、本当にそうでしょうか。

セールスレターには独特の型があって、相手のことを本当に考えて、時には厳しく、時には心を温めるようなメッセージを送ると、大きく響きます。

インターネットで伝えるとしたら、そこに画像や動画を入れることだってできますよね。

ここまでくれば、自分は見た目が・・・なんて嘆いている場合ではなくなります。一気に相手のハートをつかむこともできるでしょう。7%どころではないですよね。

あとから「えっ、イメージと見た目が全然違う・・・」と言われても、第一印象がよければ、ハードルはクリアしたも同然ですからね。

4954_1-300x224

私、友人を勧誘するのはいけないと知ってから、よいタイミングでインターネットで集客する方法を知りました。

ノリだけで集客するシステムなんかではなく、本当にパートナーひとりひとりをひとり立ちさせるにはどうすればいいのかを知ってしまいました。

もし、集客できずに悩んでいるとしたら、必見です!
↓   ↓   ↓
●私がインターネットで本気の仲間を量産し続けられるようになったヒミツ!●