ネットビジネスでオークションでの注意点

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

今回はネットビジネスオークションを継続して活動していくとき、オークションでトラブルに巻き込まれないための注意点について少しお話をしていきたいと思います。

7926_1

ネットビジネスでオークションは、多くの人がイメージもつきやすくて、とっつきやすい利点もあることからネットビジネスのなかでも人気のあるビジネスの1つになっています。

自分の売りたいものをオークションのかけて、売れたら、そのぶんだけの収入が入ってくるので
売りたいものがたくさんある人にはとても素晴らしいビジネスだと思います。

ただ、ネットビジネスでオークションを継続的にすすめていく場合や、収入がたくさん欲しい場合、そのぶん売るものを発掘していかないといけないので、売る商品を探してくる苦労は少なからずあります。

最初のうちは、自分の身の回りにあるものをオークションで売れば、
直接収入に繋がっておいしい思いをするのでいいのですが
継続的にすすめていくと、必ずどこかで頭打ちになって、そこから苦労するわけですので
そこで初めて、ネットビジネスでオークションをやっていけるかどうかの真価が問われます。

売るものがなくなってきたら、次に考えることは消耗品を売ることです。

ただ、消耗品とは言っても、普通のスーパーとかで売っているような製品はオークションに出したところで売れることはないので、期間限定のグッズやコンサートのチケットを手に入れるようにして、プレミア価格をつけて販売するように流れていきます。

つまり、コンサートチケットやプレミアムがついたグッズなどを転売することですね。

やってることは、ダフ屋と一緒ですね。ネットビジネスでもやっている人は多いです。
ネットオークションで取引をしているわけですので、ネットダフ屋と呼んでる方も多いようです。

貴重なコンサートとかでしたら倍値でつくこともあるので、ネットビジネスとしてはいい仕事になりますよね。でもダフ屋行為は法律で禁止されている反面、オークションなら許されるものなのでしょうか?

結論から言うと、ダメです。
ただ、転売に対する基準が曖昧なので、これ以上はダメと明確なものがないので判断するのに難しい場合もあります。
しかもダフ屋行為に対する取り締まりは各地域の条例止まりになっているので、地域によって差が激しいにも現実なのです。

ただ、最近は転売に対するオークションの運営の対策もあって、オークションサイトによっては常習性の場合は出品自体を断ったりと転売に対して否定的なオークションサイトも増えてきています。

ただ、入手していたチケットが都合が悪くなっていけなくなったなど、そのときだけの事情でオークションに出す人もいるので、そういうのはOKみたいです。

あくまで、常習性があるかどうかでオークションサイトによって判断が別れそうですね。

ただ、条例で違法になったりと、時間がたつにつれて厳しくなっていることに変わりはありません。

法律として規制をちゃんとされた直後でも転売で違法になっていて、知らないではすまないのでリスクが高いことになります。
転売はチケットなど入手したら、売りたい衝動はあるかもしれませんが、あまりに基準がまだまだ曖昧なので、オススメはしません。

法律的にも転売行為に肯定的な考え方はまずないでしょうから、将来性もないでしょう。

そうなってくるとネットビジネスでオークションとしてやっていくには相当な苦労は見込まれます。
商品を仕入れてくるにもお金はかかりますし、売れなかったらただのガラクタになるだけなので
そういったことも含めて、ネットビジネスでオークションをするか判断をすることが大事なのです。

なにも、ネットビジネスはオークションだけではありません。

どうせネットビジネスをやるにしても、できることなら安定的な収入が見込めて
収入を多く手に入れることができるネットビジネスがいいですよね。

私がオススメするネットビジネスの1つがネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスは他のネット系のサイドビジネスと同様、完全歩合制ですが
他のサイドビジネスにはない収入システムである権利収入です。

権利収入ですので、少しの間休んでいても条件さえ満たせば収入が手元に入るシステムになっています。
誰でもできて、特に能力もいらない誰でもできるサイドビジネスになっています。

収入を手にいれるまでは大変ですが、ある程度まとまった収入を手にいれれば、そこから一気に加速して、本業のお仕事の収入を遥かに超すレベルの収入も手にすることができます。

ネットワークビジネスとは、いろんな夢を叶えることができる魅力的なサイドビジネスなのです。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。
とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。
しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

新しいライフスタイルをつくる副収入の方法!!

aviary-image-1434472566330