ゴールデンウィーク後「五月病」になる原因を遂に発見!その脱出策とは?

1

五月に入ると、多くの人に「五月病」という現象が見られ、特に新しい環境にまだまだ馴染んて いない新入生新入社員に多い様です。
そのため、新しい環境に適応出来ない事によって精神的に病んでしまう事の総称を「五月病」と 呼んでいます。

 

そしてその様な人達に対し、多くの人は「甘えている!」「怠けている!」という非難の声を上げますが、実はある調査によりますと、5月の連休明けに”うつ病”に似た様な「無気力状態」や 「気分が落ち込む」という状況になる人は少なくありません。

 

ある「瓦版」という全研本社が運営しているウェブマガジンの263人に対する調査によりますと、 ゴールデンウィーク後に「五月病」の様な”うつ状態”に陥る感じるか尋ねた所、全体の37%が「 やや感じる」と答え、そして34%の人が「とても感じる」と答えました。

 

つまり、合わせて全体的に67%の人が「五月病」になったと感じています。

 

一体どうしてこの様な現象が起こるのでしょうか?
私が思うには、やはり自身の生活リズム時間などが全て”他人”にコントロールされ、好きな 様に生活を送れないのが原因です。

 

会社や仕事に自分の生き方が縛られ残業過重労働によって平日仕事のある日には過剰なスト レスが溜まり、そして休日になると一気に解放感を感じ、休日が終わりに近付くと「また辛い日 が始まるのか」と思い、うつになってしまいます。

 

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」が取っていないのですね。

 

しかし、例えこの様な生活を続けると、毎日忙しくてストレスが溜まるのを分かっていても、多 くの日とはお金生活の為にやむを得ず続いているのです。

よって、今はインターネットパソコンを利用して何時でも何処でも、自分の好きな様な生活リ ズムを送りながら仕事を行ている人が増えていますね。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは