若者のお酒離れ!声を大にしては言えないお財布事情とは!?

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!

nomikai_goukon

お酒を飲まない若者が増えていると話題になっていますね。お酒を飲む席が少なくなり、若者とコミュニケーションが取れずに悩む上司も増えてきています。若者はそこまでお金をもっていないのでしょうか?

 

社会に出るとかなり誘われしまう飲みの席。同僚や上司といった会社関係から友人たちや恋人と話をする良い機会になります。飲み二ケーションともあるようにコミュニケーションの1つとして利用されています。

 

ただ、入社して間もない若者世代はこういった宴会に積極的でないことが増えてきています。実際、誘う側の上司も飲み会の参加率の低さにお酒離れを実感しているしているようです。

 

なぜここまで若者の間でお酒が少なくなってしまったのでしょうか?

 

それはお金。お酒にかける分のお金を自分の好きなことに使うようになったのです。

 

お店でお酒を飲むことになると1回で4千円から5千円くらいの出費になります。月に3回ほどお酒を飲めば1万円以上の出費になりますね。その分のお金を趣味に使うようになったのです。

 

車や料理、スポーツなど趣味を楽しむため、お酒の優先順位をかなり低くしているのです。また、お酒を飲んだ次の日も活動的に過ごすために控える人も増えてきていますね。

 

お金を使ってまでお酒を飲んで次の日を二日酔いで過ごすよりも、しっかり休んで好きなことを楽しんだ日にすることも良い選択ですね。

 

しかし、実際は「十分なお金があればお酒を飲んでも良い」と言う人も少なくありません。お金が足りないから優先順位をつけて人生を楽しんでいるという若者もいるはずです。

とはいえ、稼ぐために残業を増やすことは難しいですし、残業を増やすと楽しむ時間も減ってしまいま。どうやってお金を稼ぐべきなのでしょうか?

 

そこでオススメなのが権利収入型の副業。権利収入であれば働く時間に関係なく収入を得ることができます。ですので、本業で働いている間にも、趣味を楽しんでいる間にも、お酒を飲みながら話をしていても銀行の残高を増やし続けることができます。

趣味もお酒を楽しむことができる権利収入の副業はこちら!

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!