シェアハウスに住む高齢者!同居を選ばざるえない理由とは?

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!

a0800_000679

友達同士で同居して楽しく過ごすシェアハウス。若者が多いシェアハウスですが、その中に高齢者が入居することもあるようです。親子、孫ほど年齢の離れた人とのシェアハウスを選ぶ理由とはなんでしょうか?

 

シェアハウスはルームシェアとも呼ばれ、複数人で賃貸物件に同居することをいいます。若者に多いこのシェアハウスですが、友達同士でシェアハウスを借りることもあれば、管理人のいるシェアハウスに入居することもあります。

そんな若者ばかりの中に高齢者が入居することが増えているようです。60代や70代など年金世代が多いようですね。世代差があるにも関わらず、なぜシェアハウスを選ぶのでしょうか?

 

実は、少しでも家賃を安くしたいという理由なのです。

 

賃貸物件に住んでいる場合には家賃を支払う必要があります。ただ、オープンキッチンや風呂とトイレが別など求めるものがあると、家賃は高くなってしまいます。

収入に見合った賃貸では風呂がなく、トイレも共同ということに嫌気を感じてしまいます。そこで、風呂もトイレも使える上にかなり家賃の安いシェアハウスに住むことを選ぶようです。

 

家賃は安いので生活はできますが、世代差のためにコミュニケーションがとりづらい、周りと馴染めないという問題もあるようです。

グループに入る以上、このあたりは難しいですね。

 

そもそもシェアハウスを選ぶ理由というのが家賃であるなら、家賃分くらいの収入を稼ぐことができれば普通の賃貸に住むことができますね。今のうちから副業に取り組み、権利収入にしておけば老後も安心です。

そんな収入をインターネットで作る方法とは・・・

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!