2017年は「ガラケー 生産終了?!」キャリア契約しない価格の安い「SIMフリー格安スマホ」が出た原因は?

1

世界中多くの国では、もう既に「ガラケー」は殆ど使われていなく、「スマホ」が主に通信機器 になりましたね。
しかし、日本では未だに「ガラケー」を使用している人の割合は少なくありません。
特に小さい文字が見えない年配の方が圧倒的に多いです。

そんな中、ある衝撃なニュースが発表されました。
それは日本の携帯端末メーカーが会社独自のOSを搭載した「ガラケー」の生産を、2017年以降 生産中止にするという事です。

それについて、「時代の変化だたら良いではないか?」という喜びの声はありますが、一方で「 ガラケーの方が使い慣れているのに、いきなりスマホに変えるのは無理!」「仕事ではガラケー を使っているので使えなくなると困る!」「我々年寄りの目は小さい文字には見えないんだ!」
「通話とメールが出来ればそれで十分!スマホなんで要らない!」という不満の声が圧倒的に多 い様です。

そして一番多い不満の声は、やはり「スマホの月々通信費が高い!」です。

私は日本での「スマホ」使用率が海外と比べて余り普及していない一番の原因は、やはり「スマ ホ通信費が高い」ですね。
実際「前まではスマホ使ってたけど、月々の通信費が高いからガラケーに戻った。」という声を よく聞きます。

そのため、近年ではSIMフリーで通信費の安い格安スマホ」が出回っていますね。
今ではまだまだシェア率が低いのですが、そのうちドンドン広まり、将来的にはキャリア契約廃れSIMフリー格安スマホ主流となるでしょう。

そのそもスマホに「ロック」を掛け、キャリア契約で無理矢理高い料金プランを押し付ける商売 が長続き出来る筈がありません。
その上2年を過ぎると何も「通じや連絡無し」で自動的に2年契約更新を行い、更新月以外の日に 解約や乗り換えると約9500円の高い違約金が掛かってしまいます。

よって私ははっきりと「日本のスマホ市場は遅れている!」と言います。

しかし、確かにこの様な商売は悪質で「無知」な人を誑かしてお金を取る商売ですが、この資本 主義な社会、違法な事をしなければそれを止める権利は誰をありません。

しかし、市場競争は法律を違反しなければ生き残れる世界ではありません。

もう既に数年前から、多くの消費者が「日本の携帯販売法可笑しいのではないか?」という事に 気付き、次々と携帯の維持費を見直し、格安スマホガラケーに移り始めた様です。
今は不景気で多くの人がギリギリな生活を送り、とても余裕なお金を払う事が出来ません。

それによって、多くの人が携帯の維持費を見直し、余計なお金を払わない様にしています。
よって私はこれから携帯キャリアが生き残れる為には、販売方法や料金プランを含め、全てのシ ステムを見直しする必要があると思います。
また、多くの人が携帯料金を見直ししているという事は、経済面余裕のない人が急増している という事になりますね。
そして多くの人は「新しい収入源」を作ろうとしています。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは