ハンドメイドのトートバック、高値でも売れてしまう理由とは!?

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!

a1180_001274

最近話題のハンドメイド。小さな雑貨がだけでなく、トートバックまでハンドメイドで販売されているようです。ただ、安いトートバックではなく、高値のばかりが販売数を伸ばしているようです。その理由を探ります。

 

ハンドメイドは手作りという意味の英語。ですので、ハンドメイドのトートバックは手作りのトートバックという意味になります。型をとり、持ち手をつけて縫い合わせるというスキルが必要になりますね。

そんなハンドメイドトートバックですが、販売サイトではブランド品よりは安いですが、そのほかの既製品とほとんど値段は変わりません。流通の仕組みを考えると、ハンドメイドの方が圧倒的に安いはず。なぜ既製品と同じ高値でも売れてしまうのでしょうか?

 

それは、ハンドメイドというブランド力があるからです。

 

ハンドメイドで同じ作品を作ろうとしても手作りであるために同じものはできません。ですので、他にはないただ一つだけのものと言えるのです。そんなブランド力のある作品であるなら価値があがるのは当然でしょう。

 

ちょっと納得いかない人は作品を芸術品に置き換えてみましょう。超有名な画家が描いた絵は他にはないということでものすごい価値がありますね。それとだいたい同じことなのです。

 

だからこそ、ハンドメイドトートバックは高値でも売れるのです。型のデザインから材料の購入、作成時間を考えるとそれでもお買い得な商品だと思います。

 

このように、ハンドメイドの作品を販売することで利益を得ることができます。ただ、収入として貰い続けるには作品を作り続ける必要があります。忙しくなって作る時間が取れないと収入も減ってしまうのです。

そこでオススメなのが権利収入型サイドビジネス。いわゆる副業です。権利収入になる副業であれば、家事や子育てに忙しくても、本業で残業まみれでも通帳の残高を増やし続けることができます。そんな副業をインターネットでする方法とは・・・

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!