なぜ?叱られたい若者たちが増えているのか・・その真相は?

サラリーマンでも稼げる副業!不労所得で夢を叶えるには?

pasokon

今、「叱られたい願望」若者たちが増えているといいます。

なぜ若者たち叱られたいのでしょうか?

「叱られたい願望」の人にはそれぞれの理由があるようです。

・叱られないと成長できないと思う。

・叱ってくれないと、自分の事を真剣に考えてくれていないと思う。

・叱って貰わないと自分が間違っているのかどうかが分からない。

・自分が弱気になった時に叱って欲しい。

・叱られることで愛情を感じる。

・自分が成長できる。

 

では、会社で上司は叱るでしょうか?

「やめろ!!」と叱ると本当に辞めてしまう若者たちも多いのです。

上司も適度の叱り方でないと辞められてしまうので、あまりきつく叱れないのかも知れませんね。

 

では、友達間ではどうでしょうか?

やはり、言うのが怖い。

人間関係を壊したくない。

友達を傷つけたくない。

言いたいけど黙り込む。

若者の間でも叱れないようです。

 

10代から30代の若者にアンケートをした結果、「周囲に叱ってくれる人はいますか?」と尋ねると半数以上の人は「いない」と答えたといいます。

また叱られたいと思っている人は40%いることが分かったそうです。

弱い自分を叱って貰って、自分も成長したいと考えているようです。

そういう人に出会えないので、明確な目標がもてず将来について迷ってしまうのだいいます。

 

時にはガツン!と叱って欲しい、そうしないと自分が強くなれないということで、最近人気になっているのが「おっさんレンタル」というサービスです。

ここでは、経験豊かな中年男性が人々からの相談に乗るというもの。

相談料は1時間1000円。

相談を受ける側から見れば、いいアルバイトですね。

相談する人からして見れば、安い授業料で自分の悩みを聞いてもらえ、はっきり叱って貰えるので、また相談したいと思うかも知れません。

 

しかし、自分の進路が良いのか悪いのかが分からない、自分で決められないというのはどういうものかと思ってしまいます。

 

これも時代の移り変わりなのかも知れませんね。

昔でいえば、「地震・雷・火事・おやじ」と恐れられていた時代もあったのです。

一番身近な親が叱ってくれないのが大きな問題なのかもし知れませんね。

 

誉められて伸びる人、または叱られて伸びる人もいるでしょう。

あなたは、やはり叱られたいタイプですか?

サラリーマンでも稼げる副業!不労所得で夢を叶えるには?