追い出し部屋に行かされるのは40代!?そんな仕打ちをしてしまう理由とは!?

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!

a0002_012023

最近の話題となっている追い出し部屋。リストラをするための口実をつくるために使われるようですが、そこに行く社員のほとんどが40代のようです。ここまで会社に貢献してきた40代社員にそんな仕打ちをするのはなぜなのでしょうか?

 

追い出し部屋は希望退職に応じない社員を出向させる部署のこと。その部署は事業・人材育成センターという名前の下で活動しているようです。その部署でできる仕事というのが極端に少なく、これまで培ってきたスキルを活かすことができないのがほとんどです。

 

そんな追い出し部屋に出向する人の多くが40代の社員。40代といえば10年以上も会社に貢献してきた人材であるにもかかわらず、退職させるような追い出し部屋に行かされるのでしょうか?

 

実は、追い出し部屋に行く人は会社への貢献度が低いのです。

 

会社の従業員はもらう給料以上に会社へ売上をもってくる必要があります。40代といえば、仕事のノウハウを知り尽くし、部下と一緒に会社に貢献する仕事をしていく年齢です。ですので、その分だけ高い給料をもらっています。

 

ただ、全員が給料以上の働きができるとは限りません。一部は売上への貢献度が低く、給料をもらい過ぎているということが起きています。しかし、年功序列でどうしても給料を減らすことができないのです。そこで解決策が追い出し部屋によるリストラなのです。

 

こうして追い出し部屋に行かされ、自主退職する以外の方法がなくなってしまいます。そんな仕打ちにあわない対策はどうすれば良いでしょうか?

 

まず挙げられるのができる仕事の幅を増やすこと。外国語をマスターしたり、資格をとるのも良いでしょう。ただ、それでも社内で競争に勝てるとは限りません。

そこでオススメなのが副業に取り組むこと。特に権利収入となる副業に取り組むことです。権利収入は時間で決まらない収入なので、本業で働いていても、家族で旅行を楽しんでいても、同僚とお酒を飲んでいても通帳の残高が増えていく収入です。

この収入があれば、そんな仕打ちをされてもすぐに退職し、自由な生活を送ることができます。しかも退職後も得られる収入なので、老後対策にもなる収入です。そんな権利収入となる副業、知りたい方はこちら!

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!