セミリタイアは貧乏でも大丈夫!?その生活の実態とは?

結果を出したいあなたにぴったりのサイドビジネス!

a1180_009137

社会人になると一度は憧れるセミリタイア生活。働くことが強制ではないっゆとりある生活。そんなセミリタイア生活貧乏でもできるという話があります。いったいどんな生活を送っているのでしょうか?

 

セミリタイアは定年退職などリタイアしなければいけない状態まで働くことなく、仕事を辞めることをいいます。特に経営者は自分がいなくても会社や事業が回るようになったとき、セミリタイアすると言われています。

 

セミリタイア後の生活はやるべきことが少なく、自身の好きなように生活を組み立てていくことができます。ただ、貧乏な状態でもセミリタイア生活はできるという話もあります。

 

貧乏なセミリタイアとはいったいどんな生活になるのでしょうか?

 

それは貯蓄を切り崩していく生活。

いつ貯金がなくなるか不安を感じながら生きていくのです。

 

セミリタイアでの貧乏は継続的に収入が得られる資産がなく、極端に貯金が多いという状況ではないということです。

 

貧乏なセミリタイア生活は、得られる収入が少なく、働いていたときに貯めていた貯金を利用して生活をしていくのです。貯金が少なくなればなるほど、今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

表向きは自分の好きなことで楽しく生活をしているようですが、生活への不安から精神的な負担は大きいかと思います。

 

では、貧乏なセミリタイアから脱出するにはどうすればいいのでしょうか?それは得られる収入を大きくすること。働く時間で決まる労働収入ではセミリタイアはできない上に収入の上限があるので、働く時間で決まらない権利収入がベストですね。

 

そんな権利収入を得て、生活への不安なく、自分の好きなことに一日中取り組むことのできるセミリタイアをするにはこちら!

結果を出したいあなたにぴったりのサイドビジネス!