自作の小屋の住む若者が急増中!?そんな暮らしをする理由とは?

家とは言えない「小屋」を自作し、そこに住む若者が増えてきています。郊外の土地を購入し、そこで家を自作して生活をする若者。そんな生活をするのはとある理由があったからでした。

自分で作った小屋に住む?

ニュースにもなったこの1件。郊外の土地を購入し、そこで小屋と井戸を作って生活をするというもの。電気も引いてもらえるので、IHヒーターを使えば料理もできるし、ポケットWifiやスマホのテザリング機能があればインターネットにもつながります。

ただ、このような生活をするのはかなりの少数派。なぜそのような暮らしを選んだのでしょうか?

a1380_000513

自作小屋に住むという闇

そこにはお金と時間が関わってくるかと思います。

 

若者の多くは就職活動を経て、企業や公務員に就職する人が大半です。見方を変えれば、収入のために自分の時間を切り売りするという生き方を選んでいるとも言えるでしょう。

そんな人生よりも、支出を極端に少なくすることで、少ない収入でも時間にゆとりある生活ができる方を選んだ若者がこのような暮らしになっているかと思います。

実際、小屋で生活は川から得る水がタダ、電気代が500円程度で家庭菜園もあるため食費も抑えることができるようです。質素ですが、ゆとりある生活が送れるようですね。

好きなことに取り組む時間が多い人生と収入が多い人生、そのどちらかを選んだ結果かと思います。

 

まとめ

このように、今の社会ではお金と時間はどちらを優先するのか選ぶシステムとなっています。お金が欲しければ収入の大きな会社にいけば良いですが、残業ばかりで休日すら取れなかったりします。

そんな枠組みから脱出する方法が権利収入を得ること。働く時間で決まらない収入である権利収入を手に入れることで自分の時間を取ることができるようになります。

そんな権利収入は副業の形で始めることができる仕事がほとんどです。人生を変える権利収入を得る方法とは・・・

激務とはオサラバ!働く時間に縛られない収入!