子供が危ない!子供世代の「ロコモティブシンドローム」とは?

在宅で稼ぐ!ネット副業でお小遣いを稼ぐ唯一の方法とは?

kid0013-009

 

「ロコモティブシンドローム」って聞いたことがありますか?

略称ロコモ(運動器症候群)とも言われています。

これは、筋肉、関節、軟骨、椎間板などの運動器に障害が起こり、歩行

や日常生活に支障をきたしている状態のことをいいます。

 

人は加齢によって、様々な運動器が衰えていきます。

ロコモティブシンドロームは高齢者に多くみられる症状で、介護状態に

までなってしまうのです。

ところが、最近ではロコモティブシンドロームは子供世代にまで見られ

るようになってきたのです。

腰や関節が痛く、かかとをつけてしゃがめない子供が増えているといい

ます。

他にも、両手をまっすぐ上に伸ばせない。

手首がよく曲がらない。

前屈しても手が床に付かない。

片足立ちで長く立っていられない。

階段を上るとき手すりが必要。

買い物で重い荷物を持つのがつらい。

このような症状がある子供は要注意だそうです。

反射的に体が動かない為、つまずいたり、転んだり、骨折する子供が

増えているのだそうです。

これらの原因は、子供たちの体力や運動能力が低下しているからです。

 

親世代と子供世代の子供時代の身長を比べてみると、子供世代の身長

の方が男女とも2㎝高いそうですが、運動能力は親世代の方が優れて

いるといいます。

昔に比べ、今の子供たちは外で遊ばなくなっているからなのでしょう。

こんな症状があったら、ロコモティブシンドローム症候群と言えるで

しょうから、はやめの対策をすることが望ましいのです。

老後になって、ロコモティブシンドロームにならないためには、若い

うちから運動習慣をつける事が望ましいといいます。

どうですか?適度の運動はしていますか?

また運動だけではなく、食生活も大切で、メタポリックシンドローム

や無理なダイエットなどにも注意が必要です。

子供の肥満もロコモティブシンドローム予備軍になりやすいので気を

つけましょう。

 

私は、ロコモティブシンドロームにならない為にも体操教室に通って

います。

ヨガ、ピラティス、バレトン、水泳なども良いでしょうね。

健康と趣味を兼ね、今からでも何か始めてみるのも良いでしょう。

しかし、体操教室に通うにもお金がかかってしまいますよね。

主婦でも出来るネット副業でお小遣いを稼いでみませんか?

在宅で稼ぐ!ネット副業でお小遣いを稼ぐ唯一の方法とは?