新入社員の不安を襲う「四月ショック」、それを乗り越える為には?

a

四月は多く学生が就職活動が終わり、そして企業に入り社会人として新しい人生を歩む時期でもありますね。
そんな中、多くの新入社員悩みとなる「四月ショック」という物があります。

そもそも「四月ショック」は何でしょう。
あまり聞き慣れない言葉ですが、簡単に言いますと新しい環境に入った新人が抱える色々な「不安」や「恐怖」を示す物となります。

大まがいに並べて見ると、以下の様な物があります。

1.想像してた仕事や職場とは違う!
2.しっかり仕事を覚えられるか不安!
3.決められた仕事の量をこなせるが不安!
4.職場の人と仲良くなれるか不安!
5.上司に気に入られるか不安!

などなどの「戸惑い」が、新入社員に大きな「不安」をもたらせ、気持ちを重くさせたり、時には「」な状態にさせてしまう事もあります。

この様な現象を、「四月ショック」だと呼ばれています。
これは新しい環境に入った新入社員なら、誰でも遭う感覚ではないでしょうか?

ではどの様にこの「四月ショック」を乗り越えるのでしょう?
一番簡単で大切な方法は、「しっかりと笑顔で礼儀正しく挨拶が出来」「食事に誘われたらまず参加」をする一方で、「しっかりと空気を読み」、例え才能があっても「出しゃばらなくて言葉を慎む」という事です。

「何故その様に卑屈にしなくてはならないのだ!」と不満を表す人も少なくないですが、企業に入り、その組織の一員になって働くという事はこういう事です。

そのため、例え理不尽な事に遭ったり、仕事で辛い事に遭っても、会社で生き残れる為には”我慢”をするしかありません。

もしそれが嫌なら、自分で起業したり、自身の実力や才能で「フリーランス」や「ノマド」になれば良いのです。
ただ、今の不景気な状態でも分かる様に、殆どの人は独立出来る程十分な「資金」がありませんね。
たとえ十分な「資金」や「才能」があったとしても、多くの人は将来の生活に対して強い「不安」や「恐怖」を持っているので、独立出来る程の「勇気」も持っておりません。

独立する事は確かに会社の組織に所属し、時間や働き方も「自由」で好きの様に行動が出来ます。
しかし、同時に結果については、全部「自分」で責任を持つ事になります。
酷い場合ですと、破産や経営不振によって、何百万、何千万の損失を出す事になります。

そのため、先に在宅で行える副業から始める人も増えてきています。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは