(2015年)消費税増税によって自動車税も上がる?!もはや車は金持ちの人しか買えない贅沢品?

a

日本ではメトロやJRなど鉄道の交通システムが整っており、何処に行こうとしても短時間で行く事が出来ますね。しかし、これはあくまでも「都会」での話です。

都会でしたら、電車だけではなく、バスやタクシーも沢山走っておりますので、移動するには非常に便利です。その一方、地方や「田舎」に住んでいる事になりますと、電車のシステムが整っていなかったり、バス亭や電車の駅が一つしかなかったり、さらにタクシーも殆ど走っていないので、を持っていないととても生活出来ません。

よって、特に地方田舎で生活している「家庭」では、少なくとも1台のを持っているのが殆どですね。

ところでそんな中、今年(2015年)の4月から車に払う税金、いわゆう「自動車税」の負担額がさらに増えていく様です。

そもそも「自動車税」でどの様な物でしょう? 車種によって違うものもありますが、大まがいには9種類がります。

購入した時に掛かる「自動車取得税」、「消費税

保有している期間内に掛かる「自動車税」、「軽自動車税」、「自動車重量税

走っている、つまり使用している時に掛かる「ガソリン税(揮発油税+地方揮発油税)」、「軽油引取税」、「石油ガス税」、「消費税

 

こうして見ますと、1台の車を所持しているだけで非常にお金が掛かりますね。 加えて日本での「自動車税」は、実は海外と比べるとダントツに高いです。

ある統計によりますと、日本での「購入・所持」している段階での掛かる自動車固有の課税(車体課税)は、欧米諸国の約2~36倍掛かり、さらに13年間使用した場合、(車体課税)は日本では約72万、イギリス約35万円、そしてドイツは約25万円となっています。

良く車のメーカーやニュース報道で「最近の若者は車を買わない!」「車が売れない!」と不平不満を漏らしているのですが、こんなにお金が掛かるなら買わないのが当然です。

しかし多くの男性はやはり車は欲しいですし、何より地方田舎に住んているなら車は必要不可欠な交通用具です。そのため、車ほ購入し、尚且つそれを所持続けられる程の「お金」の得られる為に、在宅でパソコン一台で行える副業のやり方をお勧めします。

 

在宅で出来る権利収入を入手出来るビジネス方法とは?