仕事のストレスが原因で衝動的に買い物をしてしまう「買い物依存症」は借金を作ってしまう。 

a

現代社会で生きる人は仕事や勉強、家事などによってストレスが溜まりやすい環境になっていますね。
皆さんは普段溜まったストレスをどの様な方法で発散しているのでしょうか?

スポーツや散歩、読書や音楽鑑賞など様々な方法がありますが、中には「買い物」でストレス発散する人も少なくありません。

これは特に「女性」には多い現象ですね。

確かに買い物は「麻薬使用」や「ギャンブル」など犯罪や危険行為と比べたら遥かに安全で良いストレス発散方法です。
それに休日にちょっと高級なデパートや銀座辺りでブランド服やバック、靴を購入する事は女性にとって一番早く、尚且つ有効ストレス発散方法ですね。

しかし、今はストレス過剰によって、「買い物依存症」に陥る女性が急増している様です。

普段のちょっぴり贅沢ならまだ安全ですが、一旦買い物依存症になると、「必要がどうか」ではなく、「買い物」自体が買い物の目的となってしまいます。
そうなりますと、ストレスやイライラを発散する為に、あれこれ必要のない高額な物を衝動買いしてしまい、仕舞には貯金を使い果てたり、さらに消費者金融から借金を繰り返し、カードローン地獄に陥る事になってしまいます。

女性はストレスやイライラが溜まると、ついつい買い物をしたくなる物ですね。

フランス革命で有名になった「マリー・アントワネット」も、派手な社交生活の裏側に、強い孤独で退屈な人生を余儀なくされた為、その一方、貴族という強い「財力」を手にしている階級だったので、最終的には「買い物依存症」と「ギャンブル依存症」にハマってしまいました。

そのため、買い物でストレス発散するには、実は大きな危険が潜んでいる事になります。

そうならない為にも、他の読書や音楽鑑賞、スポーツや映画鑑賞など、他の安全なストレス発散方法を見つけ出すのが大切です。
そして買い物をする際、毎日の家計を記録したり、購入する前に「本当に必要かどうか?」と検討してから購入する事をお勧めします。

ともあれ、女性は当たり前の様に服やバックなどを購入してお洒落を楽しむのが好きです。

よって、節約を考える他に、在宅で出来る副業を行い、「他の収入源を作る」事をお勧めします。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは