仕事のために上京先に残る人が激増!Uターンができない理由とは!?

003

自分を高めるために上京し、Uターンして地元で成功する。そんな話は一昔前にしか聞かないようです。実際には、上京した先で仕事を見つけて残る人が多いですようです。なぜUターンができないのでしょうか?

 

Uターンは進学や就職で上京した人が戻ってくること。運転でのUターンのちなんで言われていますね。上京先で知識や技術を身につけて、Uターンして地元で活躍するといったことを夢見て進学や就職をする人もいるようです。

 

しかし、実際には地元に戻るUターンをせずに上京先に残る人が増えています。なぜ地元に戻れないのでしょうか?

 

それは、収入に繋がる仕事がないこと。

地元に戻ろうとすると、ほんの少しの求人に応募が殺到してしまいます。ですので、理想の収入を手にするには狭き門をくぐり抜ける能力が求められます。

では、その門をくぐれなかった人はどうなるかといえば、アルバイトやパートといった非正規の仕事や農業や漁業で働くことになります。もちろん、時給もかなり低く、肉体的な負担も大きいので家計は苦しくなりがちです。

特に、農業や漁業は自営業となるので会社員や公務員で勤め上げた人よりももらえる年金が少なくなります。

 

そのため、上京先に残る人が多いのです。基本的には会社が多ければその分だけ求人もあるので、仕事先を探すにはそこまで苦労しないかと思います。

ただ、地元に帰りたいという想いと板挟みになるかもしれませんね。

では、どうすればUターンできるのでしょうか?

 

それは、どこでも収入になるビジネスをもつこと。インターネットが使える状況であれば、それを利用したビジネスに取り組むことができます。地元にUターンしたあとは、地元での仕事とインターネットのビジネス、この両方に取り組むことで十分な収入になるでしょう。

しかも、インターネットのビジネスは年金のような権利収入にすることもできます。老後に備えて今から準備するのもアリですね。

インターネットで稼ぐ!Uターンしても生活に困らない方法とは?