お金が貯まる人と貯まらない人の違い!貯まらない人の共通点は?

老後破産しない為にもインターネットMLMで稼いでみませんか?

a

収入が同じなのに、なぜかお金が貯まる人と貯まらない人がいます。

その行動や考え方の違いは何なのでしょうか?

30代の貯蓄の平均値は415万円。

40代の貯蓄の平均値は614万円。

しかし、その反面貯蓄のない世帯は、30代では34.2%、40代では

30.4%となっている。

実は、高収入であっても貯蓄が出来ないスパイラルにはまりやすいと言

われています。

高収入の人でも浪費家は、貯蓄はいつでもできると思っているので、稼い

でもお金が貯まらない人がいるのだそうです。

又、収入が増えると生活レベルも上げてしまうので貯まらない人もいるの

です。

 

では、お金の貯まる人と貯まらない人の違いは何でしょう?

・貯めるより使うのが好きだ。

・臨時出費にそなえて貯金をしていない。

・老後のことは考えないようにしている。

・最悪を想定して生活設計を立てていない。

これらは、浪費家の考え方の見本のようです。

これではなかなか貯蓄は難しいでしょうね。

人生これから何があるか分かりませんよね。

やはり貯蓄はしておいた方が良いようです。

 

では、お金の貯まらない人に多い共通点とは何でしょうか?

お金の貯まる仕組みを作っていない。

・支出の管理が出来ない人。

その改善策はどうすればよいでしょうか?

・収入をそのまま普通預金に入れないで定期預金をする。

・貯金通帳をお財布代わりにしているので無駄遣いをしてしまう。

・クレジットカードの支払いが多いのは、お金を持っていなくても

物が買えるのでお金が減っている感覚がなくなる。

皆さんはいかがでしたか?

しっかり貯蓄する派ですか?それとも浪費する派ですか?

老後の為にも今から計画的に貯蓄をするのが理想的だと言えるでしょう。

老後破産しない為にもインターネットMLMで稼いでみませんか?