節約しても溜まらない老後生活の為の(貯金・貯蓄)、しかしある副業を行えば.....。

今は年金制度や終身雇用神話の崩壊より、昔より老後の為の備え(貯金)が重要となってきますね。

年金を貰える年齢が段々と上がり、さらに貰える減ってきています。
a

さらに多くの企業は終身雇用制度を段々と廃止し、正社員で働いても定年まで働ける保障は何処にもありません。何時リストラに遭っても可笑しくない時代です。

そうなりますと、退職金が1円も貰えないのは勿論、再就職が上手く行かないと次の日からまともに生活が出来ません。加えて今は半数近くが非正規雇用です。

非正規雇用になりますと、雇用がさらに不安定になり、特に派遣で仕事をして35歳40歳辺りになりますと派遣会社や勤め先に使い捨てされ、「契約切れ」になる可能性は非常に高いです。

35歳や40歳はまだまだ年金を貰える年齢ではありませんね。再び勤め先を探すにも非常に時間が掛かり、場合には1年~2年も掛かってしまう事も珍しくありません。それよりもっと日にちを掛かってしまった人も少なくないでしょう。

そうなりますと、再就職先を探している間に生活出来る為に、普段の備え貯金)が必要となって来ます。

しかし、家賃や(水道費、電気代、ガス代)など生活費の他に、物価上昇で賃金上がらない、さらに社会保険料や所得税、住民税の増加などによって、毎月の生活がギリギリになり、まともに貯金なんて出来ません。

そんな中、ダブルワークやサイドワークを行っている人もありますが、殆どの人(特にフルタイムで働いている)は本業のみで毎日へとへとになるまで働き、とても他の仕事を行える時間がありませんね。何より体力的にも精神的にも耐えられず、いずれ過労によって倒れてしまいます。

そのため、他の収入源を作るために他の就職先を探すより、在宅で行える副業の方がより自由度が高く、尚且つストレスが溜まりませんね。

 

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは