大学に進学する為に掛かる受験・入学費用(お金)は意外に高い?!その内容とは......?

a

例え多くの企業が「大卒」を正社員募集の最低限条件としても、大学を卒業するにはやはり莫大な費用が必要となりますね。
特に受験シーズンが終わり、高校や大学などへ進学する為に必要な費用を準備する際、その莫大な費用に頭を悩ませている家庭は多いでしょう。

ある「日本政策金融公庫」が行った調査によりますと......

受験費用や入学金など「大学入学」に必要な費用は少なくとも「102万円」、

授業料など「1年間大学在学費用」は「142万円」となり、

「高校入学」から「大学卒業」までに掛かる教育費は約「880万円」になると分かりました。
そしてさらに2014(平成25)年11~12月、高校生以上の子供を持っている保護者(4,700人(各都道府県100人))に対するアンケートによりますと......
1年間の授業料、通学費、教科書代などの在学費用の平均は

国公立大学」が107.0万円

私立大学文系」と「私立大学理系」が141.8万円となりました。
加えて自宅ではなく、自宅外のアパートを借り、さらに家具などの(家財)を購入して生活をする場合、生活費などの仕送りも加えたら、さらに費用が掛かりますね。
しかし今の時代、良い企業で正社員として就職するにはやはり大学を卒業する他ありません。

そのため、少子化問題はどんどん悪化し、貧富の格差も段々と大きくなっています。
家庭の裕福な子は良い教育(塾や家庭教師)を受け、さらに名門大学に進学出来る事によって、将来的に良い企業に就職する事が出来る一方、家庭の経済状況が余り宜しく無い子は余り良い教育を受ける事が出来ず、さらに大学に進学する為に資金も無いので、最終的には良い企業に就職する事も出来ず、低賃金で生活するしかありません。

もし子供に良い教育を受けさせ、なおかつ良い大学に進学させる為には、やはり早い内から十分な資金を貯める必要がありますね。

よって私もその資金を貯める為に、在宅でパソコン一台で行える副業を行い、権利収入を得られる
システムを建築しています。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは