「残業代ゼロ法案」の目的はブラック企業にやりたい放題にさせるため?!それを脱出する為には?

a

今でも仕事を行う上に、「残業」も行う必要があるのはもはや当たり前な事ですね。
酷い職場だと「残業代」すら出さない、いわゆう「サービス残業」を社員に強要する場合も少なくない様です。

ある就職や転職情報を取り扱う企業「Vorkers」の約6万8000人社員の「残業時間」に関する調査結果によりますと……

1月の平均残業時間で

最も多いのは「30時間」の14.5%となり、

2番目に多いのは「40時間」の14.5%で、

3番目に多いのは「20時間」の13%という結果が出ました。

つまり、月の平均残業時間は”20時間〜40時間”もあるのは全体の41.2%(約半数)も占めている事になりますね。

これで残業代がしっかり出る企業はまだ良い方ですが、実際には残業代すらまともに出ない。いわゆう「サービス残業」で成り立ってる企業も少なくないです。
そして今度は政府から「残業代ゼロ法案」が提出されました。

そもそも「残業代ゼロ法案」て何?

b

企業は労働者に働いた時間の長さに関係なく、”仕事の成果”に対して報酬を支払うという法案であります。
2014年5月28日に、安倍首相が議長を担当している「産業競争力会議」で提案された案で、労働規制を所管している厚生労働省も導入の方針を固め、新成長戦略の中心として6月に閣議決定されました。

従来の働き方はフルタイムですと、1日の労働時間は原則8時間までですが、いずれの場合も深夜・休日手当は支給される他に、残業代に関しても裁量労働制で最初から賃金に含まれていると見なされています。

ところでこの新しい法案「残業代ゼロ法案」は労働時間の長さとまったく関係なく、”成果”のみで賃金を決めるという法案です。
「成果で支払う賃金を決める!」
一見まともな法案ですが、実は大きな落とし穴があります。

それは「労働者に与える”仕事の量”と”成果に対する基準”が全て事業主が決めている」という事です。

そうなりますと、1人の労働者に2人分、あるいは3人分の仕事を与え、そして終わらないと「終わらないのは貴方自身の責任だから時間を延ばしても終わらせろ!」と言って安い賃金で過重労働させる事が出来ますね。

さらに成果の基準を高めに設定して、例え良い成果を出しても、「まだまだ達すべき(成果の)基準に達していない!」という理由で支払うべきの報酬を支払わなくて済むのです。

つまり、労働者を”こき使い”たい、あるいは”使い捨て”にしたい企業には絶好な法案ですね。
ところで、この不景気で雇用状態がますます悪化している社会の中、この様な問題はどんどん悪化する一方でしょう。

私はその様な現象の中、自身の将来や生活を守るために、今在宅でパソコン一台で行える副業を行い、権利収入を得られるシステムを建築しています。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは