老後の「海外移住」や「田舎暮らし」生活は夢では無い?!人気の移住先ランキング結果と、それを実現する為には?

a

皆さん老後はどちらにお住いになりたいのですが?
若い頃は都会で毎日忙しく仕事を行いますが、年を取ったら自分の生まれ育った場所(いわゆう”故郷”)に戻りたがるのが人間の「性」ですね。

やはり都会暮らしは便利ですけど、年齢が上がるに連れ、色々と健康面に不安を覚え始めたら、空気食事が綺麗で美味しく、さらにゆったりとした雰囲気の”田舎”に移住するのが多くの人の憧れです。

ある株式会社「オウチーノ総研」の首都圏在住の20歳~59歳の男女(833名)を対象とした「”老後”に関するイメージ調査」の結果によりますと......

半数以上が「老後移住興味がある」と答え、

そして国内移住したい理由を聞くと「田舎暮らしがしたいから」が最も多く、

「のんびりと暮らしたいから」

「自然が豊かな処で暮らしたいから」

「暖かい処で暮らしたいから」

「生まれ育った故郷に戻りたいから」が続いて多い答えと出ました。

 

加えて海外移住したい理由を聞くと「物価が安い処で暮らしたい」と答えた人がもっとも多く

「暖かい処で暮らしたいから」

「異国文化を経験したいから」

「ゆったりと暮らしたいから」

「憧れだから」が続いて多い答えと出ました。

 

そして移住したい場所ランキングは、

国内は「那覇市(沖縄県)」が最も多く、2位が「札幌市(北海道)」、3位が「横浜市(神奈川県)」そして4位は「石垣市(沖縄県)」という結果が出て。

海外では「ハワイ(アメリカ)」が1位で、2位が「オーストラリア」、3位が「タイ」と「カナダ」4位が「シンガポール」、そして5位が「ドイツ」という結果が出ました。

ともあれ、都外や海外に移住するにはやはり十分な資金が必要ですね。
しかし、多くの人は仕事経済的な理由で自由に移動する事が出来なく、定年後の移住はまだ「夢の中の夢」という届かない願いとなってしまったのです。

よって、在宅でパソコン一台で生活に困らない程の収入を得られ、自由移動移住を出来る為には......?

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは