ネットワークビジネス、弱者を応援する心理を使う

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

ネットワークビジネス、弱者を応援する心理を使う

今回はネットワークビジネスで協力者を集めていくためには、弱者であることで応援されるような人であることについてお話をしていきたいと思います。

free-illustration-soccer-supporter-woman-irasutoya

ネットワークビジネスに限った話ではありませんが、協力者を多く集めたほうがいい仕事をされている方は、弱者応援するような心理をうまく扱ったほうが、ネットワークビジネスをはじめ結果が出やすくなる傾向になります。

よくこの弱者を応援する心理は、ホステスさんなどがうまいこと使って、応援する人を多く集めていますが、いったい弱者応援する心理とはどういうものなのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、自分の過去にあったマイナスな部分をさらけ出してしまうことです。
例えば、学生の頃はいじめにあっていたとか、中卒だとか、虐待とか他の人よりもハンディを背負っている状況のなかで今、逆境のなかで頑張って生きていることを伝えていくことで「この人を応援しよう」と心理が生まれるのです。

人は、失敗なしでストレートに成功した人よりも、なにかハンディを持って苦労をしたほうが感動されます。感動がうまれることで「この人を応援したい」とこの人じゃないとダメと他の人との差別化になります。

ホステスさんでは、もちろん本当に自分のなかにブラックな過去があれば、それを赤裸々に話して協力者を1人でも増やしていますし、ブラックな過去がない方は、あえて自分が弱者になりそうな話を作る方もいるそうです。

弱者である話をつくるほど、弱者を動かす心理は強力な影響があるということがわかりますね。

20140719_2571335

これをネットワークビジネスでも応用してアポイントのときに使えば、あなたのネットワークビジネス活動にも大きなプラスになりますね。

当たり前のことですが、協力者が多いほど、あなたの経済的活動も豊かになってきます。

ブラックな重い話じゃなくてもかまいません。

なにか軽い弱いものでもいいのです。弱さを出すことで人から信頼を得ることができるのです。

特に、普段隙もないような方が弱味を話しているとギャップがさらに足されて、協力者をより多く集めることができます。

弱点が強みになってビジネスでは生かせることができるのです。

ネットワークビジネスのアポイント活動でも一緒のようなことができます。

ネットワークビジネスでは、会社別の差別化ははかることができますが個人は普通の一般の方っがされているので、個人で差別化をはからないといけません。

そういったときに、さきほどの弱者を応援されるような心理をうまく使っていき
ネットワークビジネスで多くの協力者を集めて豊かになる道へとなっていくのです。

ネットワークビジネスは魅力的なビジネスです。

ネットワークビジネスは他のネット系のサイドビジネスと同様、完全歩合制ですが
他のサイドビジネスにはない収入システムである権利収入です。

権利収入ですので、少しの間休んでいても条件さえ満たせば収入が手元に入るシステムになっています。
誰でもできて、特に能力もいらない誰でもできるサイドビジネスになっています。

収入を手にいれるまでは大変ですが、ある程度まとまった収入を手にいれれば、そこから一気に加速して、本業のお仕事の収入を遥かに超すレベルの収入も手にすることができます。

ネットワークビジネスとは、いろんな夢を叶えることができる魅力的なサイドビジネスなのです。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。
とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。
しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

いかがでしたでしょうか?ここまで


ネットワークビジネス、弱者を応援する心理を使う

読んで頂きありがとうございした。