貯金4千万円があっても「老後破産・老後貧困」になる可能性は十分ある?!それを防ぐ方法とは?

 

今は多くの国が高齢化が進み、日本は特にその現象が鮮明ですね。
多くの若者たちの間では「お金のほとんどがジジババ達に行って私たち若者は苦しい!」と考えておりますが、実際は経済的苦しく、まともな生活も遅れない年配の方達も多いです。

何より少子高齢化が進みむ事によって医療と社会保障の負担が増え、年金の支給年齢が段々上がるのと、支給額が昔より減ってしまうのが当然の事です。

さらに年齢に上がるに連れ、病気や事故が起こる可能性も急増しますね、加えて今は年配者を狙った詐欺犯罪グループも多く、いつ自分が狙われ騙されるのか分かりません。

老後貧困」、「老後破産」になってしまう可能性はザット見てもこれだけあります。

a

1.年金が思ったより少ない

2.妻や夫の病気や事故

3.住宅ローンの破綻

4.子供への援助(子供が務めている会社の破産失業借金など)

5.詐欺に遭う

特に「病気や事故」と「住宅ローンの破綻」が殆どの原因となっております。

長生き出来るのは良いですが、年齢が上がるに連れ段々体が弱くなり、そして様々な「病気」や「生活習慣病」、さらに「事故」に遭う可能性も格段に上がる様になりますね。
そして入院や手術に掛かる”病院代”や”手術代”は馬鹿になりません。
何十万、時には何百万を一度で掛かってしまうのが普通の世界です。

 

そして次に「住宅ローンの破綻」ですね。
ある任意売却の専門家が
「近年住宅ローン破綻する人が増えており、今では年間1000件に達する事になっています。」

「破綻に陥る理由は、高額購入、退職金の減額、リストラ、病気、離婚……など色々とありますが、共通点といえば、相談に来る人の中で、ローンを組む時に破綻を想像した方は一人も居ない。」
との事です。

そして土地や家の価値が下がることによって、たとえ売却しても巨額な借金を作ってしまう人も少なくありません。
この様に「老後破産」「老後貧困」になる原因は沢山ありますが、私が思うには今の時代、多くの人はもう既に”年金”でのやり繰りが難しく、さらに「他の収入源が無い」のが根本的な問題でしょう。

そのため、近頃は収入源を一カ所に依存しない人が増えていますね。
体力的にも精神的にも余裕があるなら、なるべく複数の収入源を確保する様に頑張るべきです。

現に私も会社に行く必要が無く、家でおパソコン一台で行える副業を行い、権利収入を得られる
システムを建築しています。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは