シングルマザーの貧困の原因は?そして育児や子供の教育は大丈夫??

a

シングルマザー貧困に関す事は、テレビのニュースや新聞でも度々取り上げられていますね。
2014年厚生労働省の調査発表によりますと、貧困家庭は「一人親世帯の54.6%」(2012年)であり、さらに2009年に発表した「ひとり親世帯の貧困率」では、日本はOECD30か国の中で、ワースト記録を出した唯一半割を超える58.7%となりました。

シングルマザー貧困問題はずいぶん昔から存在している問題なのに、何故今になっても改善出来ないのでしょうか?

今の時代は昔と比べて恋愛は自由で、「離婚」も比較的に気軽に行う事は出来ますね。
加えて今は晩婚化が進んでいるけど、同時に若年の(出来ちゃった)も多くなっております。
この様な場合、女性は妊娠子育ての為に学業を中断する必要がありますので、最終的には高校中退や最終学歴が高校になってしまいます。

しかし、殆ど企業の正社員募集は「大卒」が最低条件となっておりますね。
よって、多くのシングルマザーは正社員になれず、パートやアルバイトなど”非正規雇用”で経済的に苦しく、”低賃金”な状態で子育てに苦労しています。
さらに幼い子供がいる女性の場合、「残業が出来ない」「子供が頻繁に病気になるので困る」という理由で、例え良い資格を持っているとしても、なかなか正社員雇用されないのが現実です。

実際、厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況」(平成25年度版)の調査発表によりますと、男性正規率が78.9%なのに対し、女性は42.3%。しかなく、働く女性の10人中6人は、パート・アルバイト、派遣社員、契約社員などの”非正規雇用”になりますね。

そのため、多くのシングルマザーの家庭では「教育の機会が奪われる」次に「就職も不安定で複数の子供がいる場合、生活保護に頼らざるを得ない」という”負”のスパイラルに陥る場合が多いです。

あともう一つ大きな原因は「約束した養育費が支払われていない」事ですね。
厚生労働省の調査によると、シングルマザーの38%は養育費の取り決めていますが、実際に支払われているのはその中の20%しかありません。

よって、貧困なシングルマザーが多いという状況を作り出し、進んで子供の教育問題が浮かび上がりますね。

多くのシングルマザーは経済的に苦しく、ダブルワークやパート、アルバイトの掛け持ちを行っているのも少なくありません。
しかしいくら健康的な人でも、その様な長時間できつい仕事を行いますと、いずれ体力的にも精神的にも疲れ果てて倒れてしまいます。

そのため、私は在宅で行える副業をお勧めしますね。
実際現に私も、家でパソコン一台で行える副業を行い、権利収入を得られるシステムを建築しています。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは