自分の将来を親の遺産に頼るのは危険?!「自分の遺産を子供に相続させる」と考えている親は意外に少ない!

ƒvƒŠƒ“ƒg

経済的苦しんている、あるいは仕事疲れている人達は親が残してくれる「遺産」についてどの様に思いますか?

確かに遺産を期待するのは
「人間として卑しい!」
「親が早くあの世に行く事を呪っている!」
「親不孝だ!」
との事だと私も思います。

しかし、多少”期待”を抱いてしまうのが人間の「」でしょう。
何せ不景気な時代、何時・何の不測を起こるのが予測出来ず、明日も生きて行けるという保証は何処にもありません。

よって、例え「親不孝」だと思われても、大きな遺産を受け取り、将来生活での”保障”になれる様に貯金出来るのはやはり「嬉しく」思いますし、なにより「安心」を得られますね。

そんな世知辛い世の中、あるアンケート結果が私の眼に留まりました。
それは「親は子供が思っている程”相続準備”や”遺産相続”は考えていない。」との事です。

ある住宅メーカー「イエノミカタ」という企業が50~69歳の親世帯993人と25~49歳の子世帯2,000人を対象に「相続に対する親子意識調査」に関するアンケートを行いました。
そしてその意識調査の結果によりますと・・・

相続税対策)の現状に対し

「対策をしている」と答えた親世帯はわずか5.9%に対し、「親が対策をしていると思う」と答えた子世帯は15.5%もあります。

そして実際に「相談や準備を行っている」親は2~7%に対し、「親が何らかの準備をしている」と考えている子世帯は17~22%もあります。

さらに「子への相続を考えている」と答えた親世帯は13.2%に対し、「資産はなるべく使わずに、子に相続させたいと考えている」と考えている子世帯は22.8%も存在しています。

そのため、自身の将来を親からの「遺産」に頼るのは非常に危ない事ですね。
私はその様な事を案じ、今は在宅でパソコン一台で行えるビジネスを行い、”権利収入”を得られるシステムを建築しております。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは